トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トモダチコレクション 新生活 Direct 2013.4.3 まとめ




先日3日に「トモダチコレクション 新生活」に関するダイレクトが行われました。
今回は一風変わった映像構成になっており、ドラマ、旅番組、グルメ番組のような、
テレビ番組風の構成になっています。

3/12のダイレクトでは岩田社長のMiiがニュースを伝えるという構成でしたが、
今回の伏線だったのかもしれませんね。

例によって画像多めですのでご注意ください。
今回は特に画像が多く、30枚を超えてしまいました。
これでも大分抑えた方なんですが・・・。
それだけ今回のダイレクトは内容が濃かったということで理解していただければ。





・これは遊びだ。だが、フィクションではない

tomodachi1.png

最初に始まったのはゲーム内で実際に起こることを基にしたドラマ番組。
N○Kの朝の連続テレビ小説のような感じですね。
全部で四話あり、その間間にCMのような感じでゲームの内容が挿入される感じです。

通常のテレビドラマでは、「実際の名称・団体等はすべて架空のものです。この物語はフィクションです」という注意書きが表示されますが、
この映像では実際に起きる出来事をドラマ化したものですと表示されます。
暗にこれはフィクションではないよと言っているように感じますがどうでしょう。





tomodachi2.png

主人公は501号室で暮らし始めた「タケシ(26)」。
元々シャイな性格で、人付き合いも苦手だったそうです。
しかし、住人たちと触れ合う中で友達が増えていき、
生活が楽しくなってきます。





tomodachi3.png

また、「あきら」という親友もできました。
楽しそうに踊っていますね。





tomodachi4.png

tomodachi32.png

住人と交流するうちに、タケシの中で恋心が芽生えたようです。
その相手は「ゆか」。確かにキレイな顔立ちをしていますね。
彼女の喜びが自分の喜びになるくらいにぞっこんな様子。

「ゆか」に片想いをしたタケシ。
一体これからタケシはどういった行動に出るのか?
第二話にご期待ください!

ここで一旦ゲーム内容の説明に入りまーす。



・ぶらり島めぐり

tomodachi5.png

Miiたちの過ごす島では色々な場所があります。
映像中では「すどう ぶらり」なる人物が島のほうぼうを散策していきます。





tomodachi6.png

tomodachi7.png

上記では遊園地でのマジック、噴水広場でのしりとり大会の写真を挙げてみました。
他には公園、喫茶店、浜辺などに行くこともできますし、
音楽堂でライブなどを行うこともあるそうです。
お風呂にだって入ります。

自分のMiiがどこでどのように過ごすのか、
現実の自分と見比べて楽しんでみるのも面白いかもしれませんね。


ところで、この番組にはナレーションが付いているのですが、
話しぶりから察するに、恐らくプロの人を起用しているようです。
社長が話すだけでも面白いのに、こういうところにも手抜かりがないのが実にダイレクトっぽい。



・告白 恋慕 衝突

時には笑い合い、時にはケンカしながらも、
住人との交流をしながら楽しく生活をするタケシ。
しかし、部屋で一人になると悶々とした気持ちが心に浮かんできます。





tomodachi8.png

ゆかのことが好きだ、付きあってほしい。
でも断られたらどうしよう・・・。
行動を起こしたいが、ダメだったときのことを思うとなかなか行動に起こせず、
気持ちは揺れ動くばかり。





tomodachi9.png

しかし彼も男。覚悟を決め、とうとう告白しました。
その答えやいかに。





tomodachi10.png

しかしここで思わぬ横やりが入れられます。
その主はタケシの親友あきら。
彼もゆかのことを好いていたのです。


一気に昼ドラっぽくなりましたね。
任天堂の持つ黒さがにじみ出てきましたが、ある意味真骨頂とも言えます。
明るく楽しいだけでなく、ふとしたところで陰のあるものを入れることで、
プレイヤーへの印象付けを強くしているのです。

とび森でも「恐怖の部屋」などが話題を集めたことがありましたね?
自由ゆえに入り込む黒さがゲームにより深みを与えた一例です。
トモコレでも今回の映像のようなドロドロした部分が他にもあるんじゃないでしょうか。





tomodachi11.png

結局、ゆかが選んだのは幸いにもタケシでした。
夢にまで見た彼女との生活が始まります。
公園での談笑のひととき。幸せそうですね。





tomodachi12.png

しかし、人の心は移ろいやすいもの。
いつしか、二人の心にすれ違いの生じる日々が多くなってきました。
二人の関係はどうなってしまうのか?
次話へ続きます!


いやー、ここまでやるんですね!
普通のギャルゲとかならもうこれでハッピーエンド終了ですよ?
それが恋人同士の倦怠期まできっちり描くあたり、
任天堂がただの子供向けゲームのメーカーではないことの証左ですね。
オラッ、任天堂はガキゲーばっかとか言ってるヤツ出てこいよ!(迫真)

ゲームを通して人生は甘いものばかりではないよ、
辛いことや苦しいこともあるんだよと伝えてくれてるんですね。
教科書なんかよりもよほど生きた教材ではないでしょうか。
でもやっぱりやり過ぎな気もします。



・絶品!トモダチ名産品

tomodachi13.png

第三話に入る前にはこのようなグルメ番組風の映像が挿入されます。

名産品とは、すれ違い通信でそれぞれのユーザーの島を行き来する旅人(後述)から手に入る者です。
ユーザーの出身地ごとに、その土地の有名な特産品(ご当地グルメ)が設定されています。





tomodachi14.png

tomodachi15.png

上記では沖縄県のお菓子「ちんすこう」を挙げました。
高校の修学旅行で行ったときに食べましたが、すごくおいしいですよ。
クッキーみたいな食感ですが、食べると口の中でほろほろとほどけて甘さが広がります。


映像ではちんすこうのほか、広島県のもみじ饅頭、青森県のせんべい汁、
熊本県の一文字グルグル、三重県の伊勢エビなどが紹介されています。
Miiが名産品を食べてコメントを言うのもなかなか面白いですね。

これ、スタッフ全部食べたんでしょうか・・・。
そしてMiiが名産品を皿ごと食べているのは突っ込んではいけないんでしょうか・・・。



・服飾センスが試される? スタッフの暴走も

tomodachi16.png

続いて紹介されたのはファッションショーの要素。
トモコレ住人が自らのファッションを披露します。
東京ガールズコレクションみたいですね。
ガールズモードやとび森の製作経験が活かされている企画だと思います。





tomodachi19.png

上記ではアイドルのような格好を挙げましたが、
リーゼントをたずさえた昔ながらのツッパリスタイル、
全身鎧を着た武士スタイルなどが紹介されていました。
中には下記のようなものも・・・。





tomodachi18.png

最終兵器エビフライ(注:公式映像です)

「シャンパンゴールドのざっくりとした衣は、この春、新定番の予感」(公式ナレーション)じゃ、ねーよwww
どう考えてもスタッフ暴走しすぎィ!
こんなファッションスタイル(?)も許されてしまうあたり、懐の深いゲームですね。

こんな格好に真面目なナレーションを素敵な声で言ってくれるあたり、
ナレーターのプロ根性を感じます。


それにしてもこれは流石に暴走しすぎです!
これはちょっとガツンと言ってやったほうがいいですよ!
ねえ、岩田社長!






tomodachi20.png

!?(注:公式映像です)

アンタがかぶってるんかいィィィ!
「どうも最近、かぶりものがエスカレートしてますかね」って冷静に言ってる場合じゃないでしょ社長!
最近スタッフの社長いじりが加速しすぎィ!
エビフライになった社長ですか!イワフライですか!
革ジャンにグラサンかけてたころが懐かしいなァ・・・(遠い目)

なお、社長にエビフライの件については放送終了後にトゥイッターで説明がありました。




よかった、エビフライにされた社長はいなかったんだね・・・。
以上、本日一番の見所(私見)でした。



・別れるか、やり直すか

tomodachi21.png

ドラマの第三話です。
前話からより一層すれ違いが加速してしまった様子。
とうとう別れたいと考えるまでになります。

タケシもタケシで、サンドバッグにストレスをぶつけたり、
髪を染めて音楽堂でやりきれない思いを歌に込めたりと、二人はどん底の状態。





tomodachi22.png

しかし、心の奥底ではまだ仲が良かったころの楽しい記憶が残っていました。
走馬灯のようにほとばしるかつての思い出。
「やり直したい・・・。あの頃のように」二人は次第にそう思うようになりました。





tomodachi23.png

ゆかはその想いをタケシに伝えます。
タケシもそれを承諾。また一からのスタートです。
このあたりのストーリー適当じゃね?





tomodachi24.png

今度こそタケシはゆかへの理解を深め続け、結婚を申し込むまでになりました。
最初の頃はシャイで人付き合いの苦手だったタケシがここまで言うようになったのです。
タケシの成長に拍手を送りたいですね。

プロポーズを受けたゆかの答えは?
最終話はすぐそこです!



・結婚 新たなる命の誕生

tomodachi30.png

タケシが勇気をもって伝えたプロポーズの言葉。
ゆかは喜んでそれを受け入れてくれました。
ゴールイン!

一時は別れようとまで考えていたこのカップルも、最終的には幸せな結末に辿り着きました。
でも二人の人生はまだまだこれから、始まったばかりです。
おめでとうご両人!





tomodachi31.png

そして無事赤ン坊も生まれました。
この子もすくすくと成長し、いずれは旅をするようになります。
流石に離婚の危機までやらないのは優しさですかね。

子どもの誕生は前作にはなかった要素らしいですが、
ここまでやっちゃうとトモダチとび越えて「ファミリーコレクション」のほうがぴったりな気も。


ところで、どうやって子どもを作ったのか疑問に思うゲスな純粋な御仁もいるようです。
やだなあ、子どもはコウノトリが運んでくるにきまってるじゃないですか。
ヨッシーアイランドでもそうだったでしょ?(すっとぼけ)


連続ダイレクトドラマはこれにて終了。
ハッピーエンドで良かったですね。
バッドエンドはバッドエンドで見てみたいですけどあるのかな?



・奇抜な部屋スタイル

tomodachi25.png

tomodachi26.png

Miiの住む部屋はMiiごとに違います。
スタンダードなタイプから上記のような車窓スタイル(背景の景色が動いてます)、
あるいは生活感を排除した洞窟スタイルなどもあり、
数あるMiiの個性をより強いものにしています。



・岩田社長、キャスターに転身

tomodachi28.png

次は先日のちょっとダイレクトでも行われたMiiニュースを岩田聡キャスターがお送りします。
冗談抜きに岩田社長、ニュースキャスターも似合ってるんじゃないですか?


ところで、後ろに誰か映ってます。
髪型から察するに、恐らく本作のプロデューサー「坂本 賀勇(よしお)」さんではないかと思われます。

元々はメトロイドシリーズなどに携わっていた方でしたが、
近年ではメイドインワリオなどの、いわゆる「ヘンな」ゲームなども多く関わっており、
坂本さんが統括するチームが岩田社長いじりに一枚噛んでいるのではないかと推測しています。
いいぞ、もっとやれ!

それにしてもいきなり坂本さんができたのでびっくりしました。
「私がしゃべってるんでこのあたりで坂本さんは後ろを通ってください」とか打ち合わせがあったのでしょうか。そのあたりを想像するとなんかおかしいw
社長が訊くの坂本さんを見るあたり、かなりユーモアがありそうな人なので何かしゃべってほしかったな。



すれちがい通信の情報

tomodachi27.png

トモコレ新生活のすれ違い通信を使った遊びは主に「旅人」と「輸入品」の2種類があります。

「旅人」とは、結婚したMiiから産まれた子どもが成長して、
すれちがった他のプレイヤーの島へと旅に出ることです。
旅に出た子どもはどんどん別の島へと渡ることになり、
東京を出発して沖縄に着いた、ということもあり得るかもしれません。

また、子どもが旅先から手紙を送ってくることもありますし、
ふとした拍子に戻ってくることもあります。

このように、かわいいわが子に旅をさせる機能が付きました。


「輸入品」とは、自分の島の服屋では売っておらず、
すれちがい通信でしか手に入らないアイテムのことです。

すれちがい通信で受信されたアイテムはまず波止場に運ばれ、
それをチェックすると輸入用品店の店先に並びます。
ですので、輸入用品店はすれちがえばすれちがうほど品揃えが充実することになります。
エビフライも増えていくんでしょうか。



いかがでしたでしょうか。
思っていたよりもずっと色んな事が出来て長く遊べるソフトではないかと思います。
前作は主にライトユーザーの間で広がったソフトでしたが、
今回のダイレクトで内容が伝わったことによって、
ゲーム好きにも本作が魅力的に映ったのではないかと思います。

このゲームもとび森同様長くたくさん売れてくれるといいですね。


もっとも、私自身は買おうかどうか迷っています。
本日ルイージマンションを買ったばかりですし、
仕事に就いたので自由になる時間が減ってしまったので。

先行ユーザーの反応を見て面白そうなら買おうと思います。



 関連記事
ちょっとトモコレダイレクト・ちょっとうごメモ3Dダイレクト まとめ



よろしければポチッとな
にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

こひきち

Author:こひきち
ゲームについて思うことを語ったりゲーム音楽について取り上げています。
任天堂成分多め。
岩田社長のファン。


姉妹サイト「会社員失格」もどうぞよろしくお願いします。

twitter_32.pngトゥイッターもやっています。

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

トゥイッター

リンク

邪魔にならない程度の広告

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。