トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Wii U 本体機能 ちょっと補足 Direct



昨日 Wii U 本体機能 ちょっと補足 Direct と称して新しいダイレクトが配信されました。
今回は事前告知はなく、配信→トゥイッターで報告 という流れでした。
そのうち今から始まりますという風になるんじゃないかと思っていましたが、
なんと一足飛びに「もう配信しました」が来るとは・・・!
任天堂侮りがたし。


さて、実際に見た感想は「細かいところに手が行き届いている」、
「意外と本体容量少ない」といった感じでした。
一つ一つ見ていきましょう。


 
・ペアレンタルコントロール
親御さんがお子さんのWii Uアカウントの機能を制限できる機能ですね。
具体的な機能は動画を参照してほしいですが、とりわけ気になったのは以下の機能です。

 *インターネットブラウザーの使用制限
 *eショップ等での商品やサービスの購入の制限


まずブラウザーの使用制限ですが、どこまで制限されるのかが気になるところです。
アダルトサイト等の閲覧制限はもちろんですが、
個人的には2chやゲハブログの閲覧も制限した方がいいんじゃないかと思います。

子供の頃は多感な時期です。
その時代に上記のようなサイトで偏った知識やゲームに対して穿った見方に影響されると、
純粋にゲームを楽しむ心を失ってしまう気がします。
子供達には自分の心で感じた面白さや、
自分で試行錯誤してクリアした時の喜びを大事にしてほしいと思います。

次に、eショップ等での商品やサービスの購入の制限ですが、
これは本体にチャージされた残高や、登録されたクレジットカードが勝手に使われることを制限します。

これはいい配慮ですね。当然の配慮かもしれません。
ソーシャルゲームでは親のクレジットカードを勝手に使って何百万も消費したという事例がありますし、
子供が何でもかんでもゲームをプレイするようになると生活がおろそかになる心配もあるかもしれません。
そういうことを防ぐためにこのような機能が付いているのでしょう。

ゲームとは適度な距離を保って接したいところです。
親御さんにはこういう機能をきちんと使い、
節度あるプレイをお子さんに促してもらいたいものです。


 ・Miiverseの設定
マリオUではワールドマップ上でMiiverseによるメッセージを見られたり、
ステージで何度かミスするとその時の気持ちをMiiverseに書き込んでみませんか、
と聞かれることがあります。

プレイしている人の反応が気になるので私はなかなか楽しみにしていますが、
中にはネタバレが気になったり、いちいち聞かれるのは鬱陶しいと感じる方もいるでしょう。

そういう方のためにマリオUではセーブデータごとにMiiverseとの連携機能を設定できます。
サクサクプレイしたい方は設定でMiiverseの投稿・表示設定をオフにするといいでしょう。
ちなみに、ペアレンタルコントロールでMiiverseの機能そのものをオフにすることもできます。

人によってプレイスタイルは違いますので、
こういった細かい配慮をしてくれるのは嬉しいところです。


 ・WiiU本体の容量
恐らくこの情報が今回のダイレクトの一番重要な情報ではないでしょうか。
これまではWii Uの本体容量はベーシックセットが8GB、プレミアムセットは32GBと伝えられてきました。
しかし、本体にあらかじめインストールされているソフトや、
本体管理のために使用される領域で結構容量を食っていることが判明しました。

ソフトをDLしたりセーブデータを記録するための本体保存メモリーの空き容量は、
ベーシックセットだと約3GB、プレミアムセットだと約25GB
しか残りません。
(これを説明するとき、実写で透明な筒と大量の粒玉を使って説明していました。
かなり分かりやすかったです。)

ベーシックセットだとWii UソフトをDLして遊ぶのは難しそうです。
マリオUですら2GBありますので、他の大容量ソフトをDLするのはほぼ不可能でしょう。
(Nintendo LandですらベーシックセットにDLするには容量が不足します)

ただ、ベーシックセットを購入するのはファミリー層・あるいはライトゲーマーあたりでしょう。
これらの層はソフトのDLはあまりしないと思います。
もしゲームをよくプレイする人がベーシックセットを買ってしまった場合でも、
後述の外付けHDDを使用することによって容量の心配をする必要がなくなります。
もっとも、プレミアムセットでも複数以上のゲームをDLしようとするとすぐに容量が一杯になります。
その場合でも外付けHDDが必要になります。

ただ、Wii Uは据置きハードですのでパッケージ版を購入する人が多いのではないでしょうか。
DL版は人気ゲームが売り切れていた時の購入方法として選択するくらいではないかと思っています。

この辺はもっと早くお知らせしてもよかったんじゃないかと思いますが、
Wii Uの機能と一緒に説明するとユーザーが混乱するかと思ったのかもしれません。
ただ、発売前に説明してくれたのはありがたいです。


 ・外付けHDDの説明
そんなわけで、ソフトをDL購入する人は外付けHDDがほぼ必須と思われますが、
使用できるHDDに関しても説明がありました。
技術には疎いので重要部分だけ概要を箇条書きします。

 *バスパワータイプのHDDはYケーブルでないと安定動作が保証できない
 *セルフパワータイプのHDDなら通常のUSBケーブルで接続できる
 *HDDフラッシュメモリでも動くは動くが、ゲームをするには書き換え回数に制限があり、お勧めできない
 *ハードディスクの容量は2TBまで対応(それ以上の容量のハードディスクでも2TBとして認識される)
 *HDDはWii U専用に初期化され、PCなどでは使えなくなる
 *SDカード機能も搭載されているが、これはPCとのやりとりやバーチャルコンソール、Wiiウェアや一部のソフトのセーブデータのために使用される。つまり、Wii Uソフトの保存領域としては使えない
 *動作確認済みの外付けHDDは順次、任天堂HPに掲載される。


重要部分はこのような感じでしょうか。
この辺りは一度動画を見てきちんと確認する方がよいでしょう。
せっかく情報を公開してくれているのですから、利用しない手はないはずです。


 ・旧Wii用ソフトはゲームパッドだけでは遊べない
これはちょっと残念なお知らせです。
寝転びながらWii用ソフトをプレイしたい方も多かったと思いますが、
Wii UでWii用ソフトを起動しても、それはWiiとして動くのでゲームパッドには対応しないそうです。

まあ元々技術的に難しそうではありますし、
Wiiリモコンを使って体感的にプレイするソフトをゲームパッドだけで遊ぶのは難しいでしょう。
例えばスーパーマリオギャラクシーではリモコンを振るとマリオがスピンしますが、
その動作をゲームパッドでやるのはしんどいと思いますし。

ただ、Wii U用にもバーチャルコンソールの開発は進められているそうで、
それに関してはゲームパッド単体でプレイできるようにする予定だそうです。
(ただしWii U用バーチャルコンソールは発売日には間に合わず、後日になります)

Wii用ソフトのHDバージョンとか出ませんかね。
ゼノブレイドとかは結構需要ありそうですが。


 ・ニンテンドー ネットワーク プレミアム
「Wii U プレミアムセットをご購入いただいた方に期間限定で提供するお得なポイントサービス」
だそうです。
家電量販店とかでやってるポイントサービスをイメージすると分かりやすいかと思います。

ニンテンドー ネットワーク プレミアム専用ページにアクセスし、
ニンテンドーネットワークIDとパスワードを入力してログインします。

eショップやDLカード、DL番号でソフトを購入した場合でも10%程度のポイントが付きます。
(任天堂のソフトでもサードメーカーのソフトでも同じ

貯まったポイントは500ポイントごとにニンテンドープリペイドカードと交換できます。
ひょっとするとここだけでしか手に入らないプリペイドカードが出てくるかもしれませんね(予想)。

ポイントが貯まってお得感があるかもしれませんが、
ベーシックセットとプレミアムセットで価格差は約5000円あります。
ネットワークプレミアムポイント付与期間は2014年12月末までこちらのページを参照)となりますので、
それまでに約50000円分ソフトを買うと元が取れることになりますね。
ヘビーユーザーでないと少し厳しいかもしれません。
Wii U本体の容量やWiiU版DQ10ベータテスト券に魅力を感じる方は、
ネットワークがどうこう関係なくプレミアムセットを買うでしょうけれども。


伝えるべきはこのくらいになりますかね。
今回のダイレクトはいつも以上に丁寧に解説していたのではないでしょうか。
ある人にとっては常識でも、別の人にとっては全く知識のない事柄というのはよくあります。
私にとっても、HDDの知識は疎いのでそのあたりの説明が丁寧だったのは非常に助かりました。

このように、ハードが持っている機能や、
逆にできないことをあらかじめユーザーに伝えるその姿勢は非常に良心的です。
元々任天堂はユーザーの声によく耳を傾けていたと思いますが、
最近はネット上の意見も即座に吸い上げて反映しようとしていますね。

ユーザーが新しいハード、新しいソフトにスッと入っていけるよう配慮する姿勢は、
ゲームメーカーに限らず他社でも見習ってほしいものです。
売るだけ売って後は知らんぷり、または仕様ですと強引な言い訳をする企業も多いですからね。

しかし、こうやってあらかじめユーザーに仕様を説明できるのは、
それだけ自分たちの商品に自信を持っているから
でしょう。
(ゲスの勘繰りを防止するという意味合いもあるでしょうけれど)

Wii Uは上記のようにできないことも多少はありますが、
それ以上にMiiverseなどでユーザー同士がつながる楽しさや、
発売するソフトの面白さに自信があるからこそ、
ユーザーがその魅力に障害なく入っていけるよう配慮できるのでしょう。

逆に、自分たちでも駄目だと思うソフトを売らなければならない場合、
多くの欠点を隠したまま宣伝・販売ということになりかねません。
(最近の事例だとPS3ソフトのトキトワがそんな感じでした)

任天堂はここ一年でダイレクトを通じてソフト・ハードを紹介することが多くなってきました。
当たり前ですが、魅力あるソフト・ハードの存在があるからこそダイレクトの意義が大きいのです。
岩田社長もあの手この手で我々を楽しませてくれますが、
後ろには面白いソフトを開発しようと努力しているスタッフの姿があることを忘れないようにしていきたいと思います。

さて、最近は金欠気味なのでWii Uを発売日に買うのは無理っぽいですが、
いざ買うときはどちらを選ぼうかなー。
容量の大きいプレミアムセットは確かに魅力的ですが、
あまりガツガツプレイするタイプではないし、
パッケージ版の購入が主になるからベーシックセットでいいかも。
必要になったらその時にHDD買えばいいし。
皆さんならどちらを選びますか?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

こひきち

Author:こひきち
ゲームについて思うことを語ったりゲーム音楽について取り上げています。
任天堂成分多め。
岩田社長のファン。


姉妹サイト「会社員失格」もどうぞよろしくお願いします。

twitter_32.pngトゥイッターもやっています。

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

トゥイッター

リンク

邪魔にならない程度の広告

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。