トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11:  by on 2013/02/24 at 19:09:29 (コメント編集)

チンクルのゲームソフトは
2本(もぎたてチンクルのばら色ルッピーランドといろづきチンクルの恋 のバルーントリップ)が通常発売されて、1本(チンクルのバルーンファイトDS)はクラブニンテンドーのプラチナ会員の人に配られて、DSiwearで1本主人公ではないですけど(できすぎチンクルパック) が配信されたんで計4本、チンクルのゲームソフトがありますよ。

13:No title by コシロー on 2013/02/27 at 23:26:52 (コメント編集)

いつもブログ楽しみにしてます。レベルファイブのギルドシリーズのところなんですが、ギルド01はもともと3万本しか生産しておらず、2万本はうれたほうだと日野社長がツイッターでおっしゃってました。ですからギルド02の企画がうごいてもおかしくないとおもいます。

15:情報ありがとうございます by こひきち on 2013/02/28 at 06:49:31 (コメント編集)

 コシロー様

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
ギルド01の件については把握しておりませんでした。
情報提供ありがとうございます。

基本的に任天堂の情報以外は疎い部分があるので、
こういった情報を教えてもらえるのはとてもありがたいことです。
あらためて感謝申し上げます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Nintendo 3DS Direct 2013.2.21 まとめ



先日21日の朝はPS Meetingが行われましたが、
同日夜には3DSダイレクトが行われました。
今回は先日のルイージスペシャルの続きで、サードパーティのソフトが中心。


取り立てて新情報はなく、発売前のおさらいといったところです。
ルイージスペシャルと比べると凡庸な感じが否めませんが、
ダイレクトと言えど、毎回サプライズが用意できるわけでもないのでこんなものかなという気もします。

ただ、それでも最後まで飽きることなく視聴できました。
先日のVitaダイレクトやPS Meetingを見た後ですと、「特に新情報やサプライズのない情報動画を30分以上飽きさせずに視聴させる」ことのすごさがよく分かりました。


まとめについては続きからどうぞ。
例によって画像多めです。

 


 ・冒頭の茶番はトモコレ

tomokore1.png

最近定番になりつつある茶番は、「トモダチコレクション」の住人になった岩田社長です。
背景に映っている部屋がゲーム愛にあふれてていいですね。
よく見てみると足元にはNES*のコントローラーになっています。
セリフの声色も絶妙な機械音声(笑)。

*NES
Nintendo Entertainment Systemの略。外国におけるファミコンの名称。



 ・トモダチコレクション 新生活

tomokore5.png

tomokore3.png

2009年に旧DSで好評を博し、360万本以上を売り上げた「トモダチコレクション」の続編です。

3DS版の説明に入る前に、トモダチコレクションがどういうゲームなのかを前作のゲーム画面を使って説明してくれました。これは素晴らしい気遣いです。
トモダチコレクションとは、ゲームに自分や友人のMiiを登録し、
そのMii達が架空の島のマンションで生活する様を眺めて楽しむゲームなのです。

動画では実際に前作を遊んだ人からクラブニンテンドーに届いた感想が紹介されていました。
ちょっと見てみましょう。





tomokore2.png

って不倫じゃないですかやだー!
とまあこんな感じで、現実世界では起こりえない(起こってはいけない)関係にもなったりします。


いわゆる「ゲームらしいゲーム」ではないため、従来のゲーマーからはどういうゲームなのかよく分かっていない人もけっこういたのではないでしょうか。私もその一人です。
ですので、トモダチコレクションがどういうものか、その説明から入ってくれたのがすごく助かりました。
常に今作からプレイする人のことを忘れないのは任天堂のいいところですね。



tomokore4.png

3DS版ではすれ違い通信などを使った新しいコミュニケーション方法も出てくるそうです。
詳しい情報については、発売日が近づいたころにまたお伝えするそうな。
これは「トモコレダイレクト」あるンじゃないか・・・!?


トモダチコレクション 新生活は4月18日発売です。



 ・緑のアイツがVCにやってくる!


任天堂にはルイージ以外にも代表的な緑のキャラクターがいますよね。
そうです、アイツです!さっそく登場してもらいましょう。その名も・・・





tinkle.png

チンクル・・・!












link.png

ではなくリンクです。

動画でもこんな感じの演出だったので、一瞬マジでチンクル*のゲームが出てしまうのかと思いました。
任天堂の冗談はときどき冗談に聞こえねぇンだよ!

 *チンクル
全身タイツを着、妖精にあこがれているという35歳独身のオッサン。
初出は「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」。
こんなナリだが地図などをくれたりするお助けキャラ(ただし有料)。
これまた冗談みたいな話だが、旧DSでもチンクルを主人公としたゲームが2本発売されている。

2013/2/25 追記
どうやらチンクルを主人公としたゲームは4本あるようです。

・もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド(DS)
・チンクルのバルーンファイトDS(2007年のクラブニンテンドープラチナ会員特典)
・いろづきチンクルの恋のバルーントリップ(DS)
・できすぎチンクルパック(DSiウェア)

以上の4本です。情報提供ありがとうございました。
できすぎチンクルパックは正確に言うとチンクルが主人公ではありませんが、
登場するアイテムはチンクルが発明したという体裁になっているのでほぼ主人公扱いとしました。



daichijikuu1.png

daichijikuu2.png

改めて紹介します。
「ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章」「ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 時空の章」が、
3DSのバーチャルコンソールで配信されます。


2001年にゲームボーイカラーで発売されたゼルダです。
1つでも楽しめますが、「リンクシステム」というシステムがあり、
2つ持っていると更に楽しめるというゼルダだそうです。
似た名前のタイトルではありますが、ゲーム内容はそれぞれ全く異なります。


ゼルダの伝説 ふしぎの木の実は2月27日からダウンロード開始です。
3月20日まで期間限定で1本500円、2本で1,000円でお買い求めいただけます。
2本セットなら安くしろよというコメントもありましたが、
1,000円ならニンテンドープリペイドカードをきっちり使い切ることができるのでこの値段なのでは。

個人的にはこれが今日一番の収穫。
私も2本セットでダウンロードします。



 ・レイトン教授と超文明Aの遺産

reiton2.png
reiton.png

シリーズ完結作と発表されている「レイトン教授」シリーズ(レベルファイブ)の最新作。
レイトン教授のもとに届いた一通の手紙により、生きているミイラに関する調査が依頼されます。
現地に辿り着いたレイトン達は氷漬けにされたまま眠り続けている少女を発見し、
これをきっかけに謎の古代文明をめぐる物語が始まる、というのがストーリーです。


レイトン教授シリーズではおなじみのナゾ解き要素は、本編のほかに、
1年間ナゾ解きを受信することのできる「日刊ナゾ通信」というシステムがあり、
ナゾ解きの総数は500問以上あるそうです。


レイトン教授と超文明Aの遺産は2月28日発売予定です。



 ・スーパーロボット大戦UX

UX.png

UX2.png

バンナムからは「スーパーロボット大戦」シリーズの最新作が発売されます。
色々なロボットもの作品からキャラクターとロボットが登場し、
シナリオをなぞっていくシミュレーションRPGです。

固定ファンを多く持つ作品であり、その人たちを3DSに引き込んでくれることを期待したいソフトです。


ところで、参戦作品の一つとして動画中で名前の出された「機神咆吼デモンベイン」は、
2003年にニトロプラスから発売された18禁ソフト「斬魔大聖デモンベイン」が元になっています。
つまり、元々はエロゲだったわけで、ここに、「健全なソフトばかり出している(と思われている)任天堂の社長がエロゲ作品の名を口にする」という奇妙な状況ができあがりました。

ああもう、社長がデモンベインて言うだけで何でこんなに面白いンだ・・・ッ!!



UX3.png

スーパーロボット大戦 UXは3月14日発売です。
3DSLL本体とセットになった「ニンテンドー3DSLL スーパーロボット大戦 UXパック」も同時に発売されます。



 ・キャッスルヴァニア ロードオブシャドウ 宿命(さだめ)の魔鏡

akuma2.png

akuma1.png

コナミからは「悪魔城ドラキュラ」シリーズ最新作として「キャッスルヴァニア ロードオブシャドウ 宿命の魔鏡」が発売されます。
国内のみならず海外でも根強い人気があり、今時珍しい2Dスクロールアクションゲームです。


ムチを使ったアクションでゲームを進めるほか、
育成要素もあり、レベルが上がると新しい技を覚えられるようになります。
また、過去作に登場したキャラクターも出てくるらしく、ファンサービスもなかなかのようです。


一つ懸念事項があるとすれば、近年のコナミはソーシャルゲームに注力しており、
コンシューマータイトルに関しては意識がいい加減になっているフシがあることです。

例えば、昨年2月に発売されたNEWラブプラスはかなりバグが多く、「バグプラス」などと揶揄される出来であり、
せっかくDS時代に培ったブランドの信用を落としてしまうという事例がありました。

そんなわけで、今回のキャッスルヴァニアがきちんと作られているのか若干心配ではあります。
これは息の長いシリーズなので大切にしてほしいですね。


キャッスルヴァニア ロードオブシャドウ 宿命の魔鏡は3月20日発売です。
ルイージマンション2と同日発売であり、(売上的な意味で)直接対決も密かに期待しています。



 真・女神転生IV

megaten4.png

megaten41.png

アトラスからはRPG作品の「女神転生」シリーズの最新作が発売されます。
「ペルソナ」シリーズの派生元となったシリーズです。

東のミカド国出身の主人公が魔法のこて「ガントレット」に選ばれ、
武装集団「サムライ衆」の一員になり、悪魔退治に挑むというのが大まかなストーリー。
BGMはSFC時代の雰囲気が醸し出されており、なかなか気にいりました。




megaten42.png

戦闘は伝統的なフロントビュータイプ(昔のドラクエみたいな画面)のコマンドバトル。
同じアトラスの中で言うと「世界樹の迷宮」シリーズのような感じでしょうか。




megaten3.png

女神転生と言えば、悪魔を仲間にし、育てることができることをウリの一つとしています。
悪魔たちはクセのある連中が多く、交渉もなかなか一筋縄ではいきません。
「コンゴトモヨロシク」「オレサマ オマエ マルカジリ」「あくまをころしてへいきなの?」といった、
割合ネタにされやすいセリフもこのシリーズから誕生しています。

また、悪魔同士を組み合わせてより強力な悪魔を作る「悪魔合体」(DQモンスターズで言うところの配合)もこれまでのシリーズと同じように組み込まれています。


ところで、女神転生と言えば「東京が壊滅的被害に遭う」というのが伝統になっています。
今回のPVでは東京に関する言及がなかったので、
今回の東京は無事なのかなと思ったらそんなことはありませんでした。
公式サイトの説明によると、「悪魔がはびこる暗闇に支配された街と化している」そうです。
建物の被害こそありませんが、実質的に死の街となっているようで、ある意味安心しました。




megaten45.png

真・女神転生IVは5月23日発売予定です。
メガテン4仕様の装飾が施され、DL版のデータがインストールされた3DSLLの限定モデルも同日に発売されます。



 ・モンスターハンター4

monhan4.png

カプコンからはモンスターハンター4の新映像が届きました。
新武器「チャージアックス」「操虫棍」を装備したプレイヤーの姿も確認できました。
ゲームの説明はなかったので今後の情報に期待です。


モンスターハンター4は2013年夏発売予定です。



 ・Wii U版DQ10

DQ101.png

DQ102.png

すでに旧Wiiで発売されているオンラインゲーム「DQ10」ですが、
そのWii U版が3月30日に発売されます。

それに先駆け、3月5日に3回目の大型アップデート、
翌6日にはWii U版DQ10のβテストが開始されます。

アップデート内容に関する詳しい情報は任天堂HPやe-shopで映像が配信されるそうです。


貴重なWii Uタイトルですが、すでにWii版を持っている人が多いので、
あまり多くの人の流入は見込めなさそうなのが残念。



 ・その他のタイトル

nameko.png

 ・おさわり探偵 なめこ大繁殖(サクセス)

おさわりで大繁殖・・・!と、そんな意味深なことはなく、
元はスマートフォン向けのパズルゲームアプリ。

今時パズルゲームをフルプライスで発売するのは厳しいと思います。
元々が無料のアプリだっただけになおさら。
ただ、このゲームがある程度結果を残してくれれば、
スマートフォン用のアプリが3DS用に移植・・・なんて流れもあったりして。
パズドラとかは3DSのDLソフトとかにしてもけっこういけるんじゃないかと思うんですけどね。




DBheros.png

 ・ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション(バンナム)

アーケード向けのトレーディングカードゲームを3DS用に開発したもの。
いかにもバンナムのキャラゲーって感じがします。

「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード(AC)→モンスターバトルロードビクトリー(Wii)」と同じような流れを感じました。




guild02.png

 ・GUILD 02(レベルファイブ)

ゲームクリエイターが作成した短編~中編のゲームを一つにまとめたもの。
GUILD 01の売上が芳しくなかった*のでこの企画が続いていたことに驚きました。
今回は販売方法を見直し、それぞれのゲームをDL販売するようです。

*パッケージ版が約2万本程度。バラ売りのDL版は不明。

(2013/2/28 追記)
元々GUILD01は3万本程度しか生産しておらず、売上2万本でも売れた方なのだとか。
コシロー様、情報提供ありがとうございました。
(日野晃博社長のトゥイッターが情報源だそうですが、
そのつぶやきは私では発見できませんでした。すみません・・・)


hitsuji.png

 ・ひつじのショーン(任天堂)

ニンテンドー3DSビデオで配信していた動画だそうですが、よく知りません。




yokai.png

 ・妖怪ウォッチ(レベルファイブ)

「イナズマイレブン」「ダンボール戦記」に続くクロスメディアタイトル第3弾。
必殺技はイナイレ風。




monhan3G.png

 ・モンハン3G パケットリレーツール(Wii U DL専用ソフト)

一つの場所に集まらなくても、ネットを通じて友人と協力プレイができるようになるソフト。
要するにPSPのアドホック通信です。

しかし、Wii Uを持っていなければならず、
おまけにWii Uを有線でつながなくてはならないため、面倒くさそうです。

やり方はモンハン3G公式ページに書いてあるのでそちらを参照。



 ・まとめ

・トモコレは4月18日発売。
・ゼルダの伝説 ふしぎの木の実は2月27日から配信開始。3月20日までは特別価格。
・レイトン教授、なめこ、ドラゴンボールは2月28日発売。
・スパロボUXは3月14日発売。同梱版も。
・キャッスルヴァニアは3月20日発売。ルイージとの直接!対決。
・メガテン4は5月23日発売。今回も東京はひどい目に遭う模様。
・モンハン4の新映像公開。発売は2013年夏の予定。
・GUILD 02、妖怪ウォッチは続編待ち。
・ひつじのショーンが配信(有料)


んー、サードタイトルはちょっとインパクトが強くなさそう。
3DSですらサードは二の足を踏んでるのかな?
もはや任天堂が自前で頑張っていくしかないのかなぁ・・・。




よろしければポチッとな
にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11:  by on 2013/02/24 at 19:09:29 (コメント編集)

チンクルのゲームソフトは
2本(もぎたてチンクルのばら色ルッピーランドといろづきチンクルの恋 のバルーントリップ)が通常発売されて、1本(チンクルのバルーンファイトDS)はクラブニンテンドーのプラチナ会員の人に配られて、DSiwearで1本主人公ではないですけど(できすぎチンクルパック) が配信されたんで計4本、チンクルのゲームソフトがありますよ。

13:No title by コシロー on 2013/02/27 at 23:26:52 (コメント編集)

いつもブログ楽しみにしてます。レベルファイブのギルドシリーズのところなんですが、ギルド01はもともと3万本しか生産しておらず、2万本はうれたほうだと日野社長がツイッターでおっしゃってました。ですからギルド02の企画がうごいてもおかしくないとおもいます。

15:情報ありがとうございます by こひきち on 2013/02/28 at 06:49:31 (コメント編集)

 コシロー様

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
ギルド01の件については把握しておりませんでした。
情報提供ありがとうございます。

基本的に任天堂の情報以外は疎い部分があるので、
こういった情報を教えてもらえるのはとてもありがたいことです。
あらためて感謝申し上げます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

こひきち

Author:こひきち
ゲームについて思うことを語ったりゲーム音楽について取り上げています。
任天堂成分多め。
岩田社長のファン。


姉妹サイト「会社員失格」もどうぞよろしくお願いします。

twitter_32.pngトゥイッターもやっています。

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

トゥイッター

リンク

邪魔にならない程度の広告

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。