トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
55: by にぼし on 2014/03/13 at 15:48:30 (コメント編集)

はじめまして。
ここのサイトのレビューは初めて読みました。

マリオUのクリア後に読ませていただきましたが、
とても細かく、かつ丁寧にレビューをされているので、
ゲームの概要がとてもわかり易いです。

次から何か買いたいゲームがあったら、
こひきちさんのレビューを読んでから買いたいと思います。

56: by こひきち on 2014/03/15 at 22:41:29

拙記事をご覧いただきましてありがとうございます。

ブログを始めたばかりのころで、やたら力の入った文章なのが今見るとちょっと恥ずかしですねw
それでもお役に立てたなら何よりでございます。

現在勤め人の身ですので、レビューできるほどゲーム時間を確保できませんが、気長にお待ちいただけると幸いです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ゲームレビュー:NewスーパーマリオブラザーズU(とりあえずエンディングまで)


New スーパーマリオブラザーズ U
New スーパーマリオブラザーズ Uのパッケージ


Wii Uと同時発売したソフト、マリオUをクリアしました。
実は「Newマリオ」シリーズをプレイするのは本作が初めてです。
つまり、2Dマリオ本編はSFCのマリオワールド以来。
ですので、「Newマリオ」シリーズを遊んできた方からするとずいぶん違う印象を受けたかもしれません。


いくつもシリーズを重ねてきただけあって、完成度は非常に高いと思います。
SFC以来の化石人間にとっては驚きの連続でした。

一方、遊んでいてあまり緊張感がなかったのが残念でした。
いや、何も簡単すぎるということはないんです。
むしろ難易度としては高い方。
マリオってこんな難しかったっけ?って思うくらいよく死にます。

しかし、それ以上に残機もガンガン増えるので基本的にゲームオーバーになる心配がなかった。
それが緊張感の欠如に繋がっていたのではないかと思います。
ただ、難易度的に初心者には若干難しいので、残機が増えやすい仕様は仕方ないと思います。


マリオは誰にでもプレイでき、誰でもエンディングを迎えられるゲームになっています。
一方、スターコインを始めとする探索要素、ゲームクリア後のスペシャルコースなど、
玄人に対するサービスも忘れない。
初心者にも上級者にも満足してもらおうと思った結果、上記のようなバランスに落ち着いたのでしょう。


2Dアクションゲームに関して、私はシビアなゲームの方が好みなのかもしれません。
ロックマンとかアクトレイザーは緊張しっぱなしでしたが、
終始ドキドキしながらプレイしましたからね。


さて、続きからは具体的に言及していきたいと思います。
なお、基本的に一人プレイで、バディプレイなどは試していません。
家族はゲームやらない人なので。


 

 ・長所

・いつも通りのマリオ。古参ゲーマーも新規プレイヤーも安心して遊べる。
・ギミックが非常に豊富。ステージがよく動き、プレイヤーを飽きさせない。
・Wii Uになって非常にグラフィックが美麗に。背景なども凝っている。
・歯ごたえのある難易度で挑戦しがいがある。
・お題モードやブーストモードなど、難しいモードの搭載によって、上級者のプレイに耐えるようになった。
 また、細かい時間でのプレイも可能。
・ワールドマップ制になったことで冒険感が強まった。
・Miiverseとの連動によって、他のプレイヤーと気持ちを共有したり、新しい発見に気付くこともある。
 一人プレイの孤独感がない。
・ゲームパッドだけでプレイできる。もちろん従来の通りWiiリモコンでのプレイも可能。
・今回のクッパはまさにラスボス!


 ・短所

・ガンガン死ぬが、残機もガンガン増える。基本的にゲームオーバーになることはないので緊張感に欠ける。
・Miiverseの不快なコメントがワールドマップ上で表示されることがある(ただし、非表示にすることは可能)。
・上記以外は取り立てて短所らしい短所はない。
 強いて言えば、マリオファンからBGMの使い回しが多いと指摘されているくらい。ただし、新曲はおおむね好評。



 ・シナリオ

いつも通り、クッパにさらわれたピーチ姫をマリオが助けに行くというストーリー。
ですが、今回のクッパはかなり本気のようです。
ピーチ城ごとさらっていきました。豪快でいいですね。

城ごと支配するのはマリオ64でもやっていましたが、
2Dマリオで城全部持ってくというのは初めてなのでは。


今回のクッパはまさにラスボスといった感じで、非常に恰好よかったです。
ネタバレになるので詳しくは言えませんが、ラストは非常に手に汗握る雰囲気になります。
マリオU全体ではあまり緊張感はありませんでしたが、ここだけは非常に高揚感がありました。
まさにマリオの宿敵、永遠のライバルです。



 ・グラフィック
めっちゃキレイです。背景まで非常に凝っています。
元々、公式サイトなどを見て、ずいぶんきれいになったもんだなとは思いましたが、
テレビの画面でみるとまた格別です。


ゲームパッドに映る画面は流石にTVのモニターには劣りますが、
動かしているときには全然気になりません。


根がレトロゲーマーなものですから、
このグラフィックの変化は戦前と戦後の風景の変化に仰天するような気持ちですね。



 ・アクション

基本的には昔と変わらない感覚で操作できます。
ですが、結構細かい動きにも敏感で、敵を踏むのに多少慣れが必要でした。
スピンアクションで微調整するのがコツかな。
この辺は「Newマリオ」シリーズ経験者なら何てことないかもしれないけど。


変身はファイアマリオ、アイスマリオ、マメマリオのほか、新たにムササビマリオが登場。
ムササビマリオは空中でジャンプボタンを押しつづけると滑空できます。
非常に使い勝手がよく、この状態になると難易度がかなり下がります。
今回は元々難しいコース設計になっているのでムササビマリオはありがたい。
しっぽで攻撃できないのが残念ですけど(笑)

マメマリオはあまり出番がなかったのでもっと出てくるコースがあっても良かった気がします。
まあ、まだすべてのコースを探索しきったわけではないので案外多いのかもしれませんけど。
あのフワっとしたジャンプは結構好きです。


マリオWiiに引き続き、ヨッシーも登場。これは古参ファンとしては嬉しい配慮。
ただ、マリオワールドと違って、ヨッシーを別のコースに引き継ぐことはできません。
これは残念。ヨッシーに乗って砦を攻略してみたかった。
まあ今回はちびヨッシーたちも助けてくれるので、みんなの個性を楽しみましょう。



 ・ギミック

これも非常に凝っています。モノもステージもよく動く。
1-2の洞窟からして、鉱物の床がガシガシ動きます。
今回のマリオは今までとは一味違うぞ!というところでしょうか。
個人的には「マシュマロうんかい」の動く雲とか、高く跳ねあげられる雲とかが好きでした。

新鮮な驚きの連続で、これぞマリオ!という貫録を示してくれたと思います。
赤コインやブンブンなど、シリーズファンには嬉しい配慮もありました。



 ・キャラクター

基本的には従来のシリーズからの出演が多いです。
砦にはマリオ3から子クッパたちが待ち構えています。

一方、地上面で「K.K.」が登場したり、水中面では「トーピード」が襲ってきたりと、
マリオワールドから復活した敵もいます。
後述するワールドマップ制とも合わせて、今回は割とマリオワールド色が出ている気がします。

一方新キャラも登場。
「ズングリ」という敵が1-1から登場します。
地上ではトコトコ歩いているかわいらしいヤツですが、
空中を滑空しながら出てくることも多いです。
滑空状態だとジャンプで踏むのがなかなか難しかったですね。

他には「カニボー」なんていう敵も。石を投げつけてきます。

あと、「トッテン」という敵キャラもいまして、こいつはキノピオの持っているアイテムを盗むニクい野郎です。
ワールド上のコースに逃げ込むんですが、マリオはこいつを追いかけて捕まえることになります。
普段敵に追い回されているマリオが敵キャラを追いかけるのは新鮮ですね。
ちなみに、相手をするのが面倒くさければどんどん先のマップに進んでも構いません。


今作のキャラクターは基本的にしゃべりません。
せいぜい、キノピオの家のゲーム説明にキノピオがしゃべるくらいです。
ですが、別にそれで全く問題ないと思います。
2Dマリオはアクションの軽快さとテンポの良さがカギになりますから、
あまりしゃべくられても間が悪くなりますし。

また、極力メッセージを排除することによって、
プレイヤーがステージを探索するのを妨げないようになっているのではないでしょうか。
スターコインはどのステージでも1つくらいは取りやすい位置にあるので、
それを起点としてどの範囲を探索すればいいのかアタリも付けやすくなっています。
そういう点から、わざわざメッセージを用意する必要がないという理由もあるのかもしれません。

ただし、ステージ中にメッセージを出すのが悪いというわけではありません。
過去の2Dマリオでは、マリオワールドやヨッシーアイランドにメッセージブロックがありました。
それでもこれらの作品は名作たりえています。
単に「Newマリオ」シリーズが極力メッセージを入れない方針でいるだけかと思います。



 ・サウンド

マリオらしい明るく陽気なBGMが多いですね。
とにかく世界観を壊さないような丁寧な曲が多い印象です。
何度も聴くことで耳になじむように作られている感じがしますね。

ただ、その分強烈な存在感を放っている曲は少なかったかな。
でもメインテーマはすごく気に入ってます。



 ・難易度

今回は結構殺しにかかってきます。とにかくよく死ぬ。
目に付くスターコインはなるべく取りながら進めていたので、
スターコインにこだわらずに攻略すればもう少し楽だったかもしれません。

それでも終盤は一発死になる仕掛けが多いこともあって、かなりきついです。
1コースで10回近くやられることも多かったです。
個人的には終盤の方が楽しめましたが。

また、単にアクション的に難しいだけでなく、
お化け屋敷などはなかなか出口が見つからないときもあり、頭を悩ませることもありました。
小さい子にはちょっと大変だったんじゃないかな。


しかし、ステージをかなり難しくしてある一方、
コインや1UPキノコも結構置かれているし、ポールの一番上につかまってゴールすれば1UPするし、
キノピオの家でボーナスゲームができるので、残機もガンガン増えていきます。
簡単なステージは割と一発でクリアできたりするし。


私程度の腕でも終盤は99機になっていたので、うまい人ならもっと早い段階で99機になるでしょう。
基本的にゲームオーバーになる心配がないので緊張感が削がれてしまったのが個人的には不満。

ただ、初心者にも安心してプレイできるようにする策として、このような配慮は必要であると思いますし、
残機が増えやすいのは近年のマリオの傾向でもあるようなのでこの辺は賛否が分かれそう。

たくさんある残機のおかげで思いっきりステージを探索できると思えばあまり悪くはないかも。



 ・ワールドマップ制

今回のマリオで欠かせない要素として、ワールドマップ制が挙げられます。
マリオWiiまでは、マリオ3のように1ワールドごとにマップがわかれてましたが、
今回のマリオUではマップすべてが一つになっていて、各ワールドを見渡せるようになっています。


この変更は英断だったと思います。
以前、「ペーパーマリオ スーパーシール」のレビューで、
「ワールドマップの狭さによる冒険感の欠如」を欠点としてあげましたが、
今回のマップは非常に広大で、冒険のスケールの大きさがよく表れています。
また、今回はピーチ場から遠く離れた位置から冒険が開始されますが、
段々と目的地に近付く感じが出ていてやる気も上がりました。


マリオWiiまでの仕様が悪いというわけではありませんが、
マリオが冒険するならやっぱり広大な世界を回りたいですからね。
マリオUの「社長が訊く」によると、
この英断をしたのはディレクターの竹本聖隆さんだそうで、マリオに対する確かな愛を感じます。

ワールドマップの世界観は非常に美しいので、
是非とも公式サイトで確認してほしいと思います。



 ・Miiverseについて

マリオUではワールドマップ上にMiiverseのコメントが出てきます。
ステージをクリアしたり、ミスの多い場所で死ぬとその時の気持ちを書き込むかどうか訊かれることもあります。
ネタバレを含むコメントは初期設定で表示されないようになっているのでご安心を。
ちなみに、上記の内容はオプションで設定することができます。
ネタバレ上等バッチコイ!な方は最初からネタバレコメントOKにしても構わないわけです。


他人のコメントに共感したり、手書き入力によるイラストに感心することもありますし、
逆に自分のコメントが他人から共感を得られることがあります。


ソフトとMiiverseを連動した仕組みは、他社がゲームを作る上で参考になると思いましたし、
プレイ中もほとんど孤独感を覚えることはありませんでした。

Miiverseを通じて他のプレイヤーをやり取りするという仕組みは、
今後のソフトでも実装してほしいと思います。


ただ、マナーを欠いたコメントを時折見かけることがありますので、
そのへんの対処と言うか、線引きはこれからの課題だなと思いました。
それと、最初の砦をクリアするまではMiiverseと連動することができません。
最初から全部出すとユーザーが混乱するかもしれないとの判断かもしれませんね。



 ・お題モード、ブーストモード、コインバトルモード

お題モードでは、挑戦するお題ごとに目標が定められており、
その達成度合いによって金、銀、銅メダルがもらえます。
銅は比較的達成しやすいですが、金ともなると非常に難しく、
うまい人が全力でプレイしてもギリギリになる難易度に調整されています。


お題モードがあるおかげで、アクションゲーム上級者でも飽きないゲームになっています。
また、ストーリーモードで操作に慣れたプレイヤーが腕試しに挑んでみるという遊び方もできるでしょう。
お題一つ一つは長くても数分しかかからないので、
空いた時間にちょこっとプレイするというスタイルにも応えられます。


ブーストモードは早い話がタイムアタックです。
ただし、ステージは常に強制スクロールで動いており、
コインを一定数集めるとスクロールのスピードが速まるという仕掛けです。

早くゴールするためには、コインをどんどん取らなくてはなりませんが、
あまりスクロールが早くなりすぎるとミスもしやすくなり、
どの位置でコインを取るかということも重要になってきます。

このモードも割と上級者向きだと思います。
気楽に何度もプレイする、ということもできますけどね。


コインバトルモードは一緒にプレイする人がいないので未プレイ。



 ・その他

エンディングまでのプレイ時間はあまり覚えてません。
ストーリーモードだけなら10~15時間くらいかな?
ただ、難しいステージが多かったので、実感としてはもっと長時間プレイした感覚です。

まだスターコインも集めきれていないし、お題モードもコンプリートしてないので、
あと数十時間は遊べると思います。道は長い。


セーブは砦をクリアしないとできないようになっています(エンディング後はいつでも可)。
最初はその仕様ってどうなのよ?って思いました。
しかし、私は1回のプレイ時間が長くありませんでしたので、
砦クリアがプレイの際の目標になって、プレイにメリハリがついたような気がします。



 ・総評

ある意味2Dマリオは国民食のようなものです。
日本人にとってのカレーやラーメンのようなもので、多くの人を満足させてくれるものの、
慣れた人にとっては「またか」と思われてしまうのはしかないのかもしれません。
刺激を求めている人には物足りない部分もあるでしょう。
実際、プレイしていて、良くも悪くもマリオだと感じました。


ただ、ステージのギミックや、初心者・上級者に対する配慮、全体的な雰囲気などすべてひっくるめて、
総合的な完成度としてはローンチとは思えないほど高かったと思います。
2Dマリオの確かな進化を感じ取りました。


Wii Uのソフト何買えばいい?と訊かれたら間違いなくお薦めできます。
進化したマリオ、新しくなったハードの力が凝縮されていて、
ネットワーク時代で任天堂が描こうとしている世界を感じ取ることができるでしょう。
マリオはマリオのまま、プレイヤー同士が共感でつながる楽しさを、是非とも体感してほしいと思います。



よろしければポチッとな
にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
55: by にぼし on 2014/03/13 at 15:48:30 (コメント編集)

はじめまして。
ここのサイトのレビューは初めて読みました。

マリオUのクリア後に読ませていただきましたが、
とても細かく、かつ丁寧にレビューをされているので、
ゲームの概要がとてもわかり易いです。

次から何か買いたいゲームがあったら、
こひきちさんのレビューを読んでから買いたいと思います。

56: by こひきち on 2014/03/15 at 22:41:29

拙記事をご覧いただきましてありがとうございます。

ブログを始めたばかりのころで、やたら力の入った文章なのが今見るとちょっと恥ずかしですねw
それでもお役に立てたなら何よりでございます。

現在勤め人の身ですので、レビューできるほどゲーム時間を確保できませんが、気長にお待ちいただけると幸いです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

こひきち

Author:こひきち
ゲームについて思うことを語ったりゲーム音楽について取り上げています。
任天堂成分多め。
岩田社長のファン。


姉妹サイト「会社員失格」もどうぞよろしくお願いします。

twitter_32.pngトゥイッターもやっています。

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

トゥイッター

リンク

邪魔にならない程度の広告

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。