トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
33: by on 2013/12/23 at 23:17:48

セガはセガサミーのCSRを見れば平均勤続年数とか出てますよ!

35:No title by こひきち on 2013/12/27 at 18:47:03

本当ですか!?
あとで見てみます!

41: by on 2014/01/13 at 10:47:19

ぜひ見てみてみてください。
http://www.segasammy.co.jp/japanese/pr/commu/pdf/csr_report/2013/11_employee_2013.pdf
下がり続けてるのは新卒と中途を取り続けているからですね。

42: by こひきち on 2014/01/18 at 22:00:30

ほんとだ。ゲーム会社だとなかなか腰を落ち着けるのは難しいんですかね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ゲーム業界お給料事情

社畜の皆さんコンニチハ。
現在就職活動中の社畜予備軍の方々も元気してますか。
春から社畜になる私は全身プルプル、生まれたての小鹿のように震えております。


ブラック企業だろうとホワイト企業だろうと、給料については誰でも気になるところだと思います。
給料の多寡はもちろん、苦労に対して割に合うかということも含めて、
自分がどれだけ稼げるどうかは重要な点です。


業種によってどれだけ賃金が異なるかは調べてみれば割とデータが出てくるものですが、
ゲーム業界というのはなかなか出てきません。
ゲームというのはプログラム、デザイン、サウンドなど、多数の業種、職種が複雑に絡み合っているため、
ひとくくりにできないという事情があるからかと思います。


しかし、会社レベルまで目を凝らしてみるとデータが見つかりました。
有価証券報告書には「従業員の状況」という項目があり、
そこに平均年齢や平均勤続年数、平均年間給与が記載されています。
これを使って、上場している主要なゲームメーカーのお給料事情を調べてみました。


 
 


 ※注意

・あらかじめ申し上げておきますが、下記に挙げるデータは割と大雑把です。
 ゲームには開発職のほかに、広報や宣伝、生産管理などの非開発職の人達も関わってきます。
 下記のデータはそれらをすべてひっくるめた上での平均ですので、
 職種ごとに結構な開きがあるものと考えた方がよろしいでしょう。

・会社によって採用したデータの年次が違います。
 なぜなら、近年ではゲーム会社もホールディングス化することが多いのですが、
 平均給与という観点からデータを見ると、
 ホールディングス化する前の方が数字として信頼できるからです。

・目安としてデザイナーとプログラマーとサラリーマン全体のデータも挙げてみました。
 デザイナーとプログラマーの数値は、「厚生労働省 平成23年 賃金構造基本統計調査」の月間給与を12倍し、さらに年間賞与(ボーナス)を加えたものです。

・サラリーマンの平均年間給与は「国税庁 平成23年 民間給与実態統計調査」の数字に基づいています。
 なお、この場合のサラリーマンは「民・官を問わず、パート・アルバイト・役員なども含む給与所得者」のことを指します。




salary.png

 注釈
・スクエニは2007年度、コーエーテクモは2008年度のホールディングス化前のデータを使っています。
・日本ファルコムは決算時期の関係で2010年度のデータを使っています。
・それ以外の会社は2011年度のデータです。


 ・任天堂は流石の貫録
平均年間給与額は任天堂が他を大きく離してトップです。
任天堂は昨年に最終損益を出すまでは、上場以来ずっと黒字を保ってきた企業です。
加えて、任天堂の従業員数は売上規模の割にずっと少ないので、
このような高給が実現できているのではないでしょうか。


 ・勢いが表れたソーシャル2社
グリー・DeNAは会社の勢いがそのまま給料にも表れている感じですね。
ソーシャルゲームは「パッケージ化して流通に乗せる」という工程を省ける上、
開発するゲーム自体もそれほど複雑なものは多くないので、
事業にかかるコストがコンシューマーゲームと比べてずっと少なくて済みます。

このようなコスト的な優位性もあって、この2社はアホみたいな業績を残しています。
普通、日本では売上高当期純利益率(当期純利益÷売上高×100%)は10%もあれば相当すごいのですが、この2社は平気で20~30%程度の数字を叩き出すのですから、業績だけ見れば大したものです。


 ・アトラスとファルコムの意外な順位関係
アトラスとファルコムの順位はちょっと意外でした。
アトラスは2010年に「インデックス」という会社に吸収合併され、
現在では同社の一ブランドという形に収まっているのですが、
このインデックスという会社はかなり財務状態が悪く、真面目に言って潰れかねない勢いでした。
(最近ではペルソナ4の人気やソーシャル事業への注力で多少改善してきたようですが)

ですので、「アトラス社員の給料は他のゲームメーカーと比べると低くなるだろうな」
という予想は調べる前からありました。
しかし、ファルコムの方がアトラスよりも給料が安いとまでは思っていませんでした。

なぜなら、このファルコムという会社は自社の資産の8割以上が現金な上、
発売するゲームは「イース」シリーズや「軌跡」シリーズ、
およびそれらのシリーズの移植ばかりという超堅実経営をしており、潰れる心配が全くないからです。
新ハード開発のための投資も必要ないので、財務健全性という観点では任天堂以上です。

ですので、その余りに余った資金は社員に還元されていると思っていたのですが、
実際は上記のデータが示すとおりでした。
なにゆえファルコムはこんなにお金をため込むのでしょう。
確かにゲームビジネスは水モノですから、
商品が不発に終わった時のために次の開発資金を残しておくのは重要ですが・・・。


 ・貢献度の割に報われないトーセ
トーセはかなり低いですね。ゲーム業界への貢献度合を考えるともっと高くてもいいと思うのですが。

恐らく「トーセ」という会社を聞いたことのある人はあまりいないと思いますので解説しておきます。
トーセは、ゲームメーカーから受託して開発を行っている「ゲーム開発専門」の会社です。
(参考:販売(パブリッシャー)と開発(デベロッパー)

古くからゲームの開発に携わっているのですが、基本的に著作権の主張はせず、
ゲーム内で権利表記が明示されることもないため、一般には名前を知られていません。
(開発に関わったと公的に明記されているのは「伝説のスタフィー」シリーズのみ。
トーセ自身は明言していませんが、「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズにも携わっています)

しかし、ゲーム開発工程の一切を行える数少ない開発会社であるため、
業界にとってはなくてはならない会社になっています。
いわゆる、「一般には知られてないけど、業界人は必ず知っている会社」と言うわけです。

近年はゲームの開発費が高騰し、長期化も進んでいますので、
予算内に開発するのが難しくなっています。
(ちなみに、ゲーム開発の予算は基本的に販売会社が負担します。
提示される予算も少なくなっているのかもしれません)

利益を出すために、給料を減らさなければやっていけないというのが現状なのでしょうか。




kinzoku.png

ついでに平均勤続年数も見てみましょう。
データの出所や年次は平均年間給与と同じです。


 ・社員の定着率のよい任天堂
男性の一般労働者の平均勤続年数は大体13年くらいですので、
全体的にゲーム業界は平均勤続年数が低い傾向にあるようです。

その中でも比較的任天堂は勤続年数が長いですね。
単なる推測にすぎませんが、上記に挙げた高給に加えて、
少ない人数で効率的にゲームを作る環境があるということが大きいのではないでしょうか。


 ・意外と長めなカプコン
カプコンが比較的長めなのは個人的に驚きました。
なぜなら、「ストリートファイターIV」の小野義徳プロデューサーが過労で倒れるという記事を以前に目にしたことがあるため、カプコンはブラックな側面を持っているんじゃないかと思っていたのです。

まあカプコンに限らず、ゲーム業界は安定を求める人から見ればどこもブラックでしょうから、
恐らくはどのメーカーも程度の問題なんじゃないかなぁ(遠い目)。
ゲーム製作が心から好きで、なおかつ、人に喜んでもらうことが何より楽しいって人じゃないとゲーム業界では働けないと思います。


 ・腰の落ち着かないスクエニ
スクエニは意外なほど短いですね。
FFシリーズ本編を始め、最近迷走しがちな面が目立つスクエニですが、
勤続年数の数字にもそれが表れているということでしょうか?


 ・勤続年数の短さ=ブラック企業ではない
DeNAの2.6年とグリーの1.0年は短すぎですね!
わはは、こいつらブラック確定! と決めつけるのは早計です。

平均勤続年数というのは、「従業員の一人ひとりの勤続年数をすべて足して、最後に従業員数で割る」と出てくる数字です(平均勤続年数=従業員の勤続年数の和÷全従業員)。

ですので、新入社員が多ければ多いほど平均勤続年数は少なくなっていきます。
DeNAとグリーの数字が低いのはこういう理由があるからなのでした。
実際、グリーの第8期有価証券報告書を見てみると、
従業員1700人強のうち、1100人余りが新しく入った人達です。

会社の規模拡大に伴って大量に人を雇っているというわけです。
ですので、勤続年数が低いからといって一概にブラックとは言えません。
(まあ、課金トラブルが絶えないという点で社会的にはブラックですけど)
従業員数の推移も合わせているとより実態が明らかになるということを御理解いただければと思います。



 ・参考

さて、勘のいい方は気が付いていらっしゃるかもしれませんが、
上記に挙げたデータでは一部のメーカーのデータを意図的に省いてあります。
具体的に言うと、SCE、バンナム、セガの3社です。


SCEは巨大企業ソニーの一事業部に過ぎませんし、バンナム、セガはホールディングス(持株会社)化しているため、ゲーム関係者の平均勤続年数や平均給与の正確な数値が出せないのです。
東京証券取引所に行けばホールディングス化以前の資料が残っているかもしれませんが、
そこまでする気力はありません。


ホールディングス化すると、それぞれの事業を独立した会社のように見なし、
本社が各事業を実態に合わせてコントロールできるというメリットがあります。
しかし、有価証券報告書には本社の従業員数しか記載されなくなってしまいます。
正確な数値が出せないというのは、こういう事情があるためです。


しかし、何も示さないままでいるのも忍びないので、
参考程度として、とりあえず給与の数値だけ示しておきます。


sarary2.png

どうです?高いでしょう。
本社にいるということは、管理職の人が多いでしょうから、
これくらい高給になるのはある意味当然かもしれません。

しかしその分従業員はかなり少なく、ソニーは16,576人(全体が162,700人)、セガは100人(全体が6,700人)、バンナムは248人(全体が7,013人)しかいません。
正確な数値が出せないといった意味がお分かりになったかと思います。



いかがでしたでしょうか。メーカーによってだいぶお給料に違いがありましたね。
メーカーの勢いや経営方針の違いが表れているようでなかなか面白く感じました。
こういう側面からゲーム業界を見るのも一つの楽しみではないでしょうか。
まあ、普通のゲームファンがこういうことを調べるのはまずないと思いますけどね(笑)



 関連記事
・書評:ゲーム業界の歩き方
・販売(パブリッシャー)と開発(デベロッパー)


よろしければポチッとな
にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
33: by on 2013/12/23 at 23:17:48

セガはセガサミーのCSRを見れば平均勤続年数とか出てますよ!

35:No title by こひきち on 2013/12/27 at 18:47:03

本当ですか!?
あとで見てみます!

41: by on 2014/01/13 at 10:47:19

ぜひ見てみてみてください。
http://www.segasammy.co.jp/japanese/pr/commu/pdf/csr_report/2013/11_employee_2013.pdf
下がり続けてるのは新卒と中途を取り続けているからですね。

42: by こひきち on 2014/01/18 at 22:00:30

ほんとだ。ゲーム会社だとなかなか腰を落ち着けるのは難しいんですかね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

こひきち

Author:こひきち
ゲームについて思うことを語ったりゲーム音楽について取り上げています。
任天堂成分多め。
岩田社長のファン。


姉妹サイト「会社員失格」もどうぞよろしくお願いします。

twitter_32.pngトゥイッターもやっています。

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

トゥイッター

リンク

邪魔にならない程度の広告

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。