トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

3DS 国内販売1000万台突破へ! …でも直近シーズン大丈夫か?

寒い日が続き、なおかつ学生は冬休みであります。
ゲームをプレイするには最適なシーズンかもしれません。
私もとび森、マリオ Uをちょこちょことプレイしています。

さて、喜ばしいことに、 3DSの国内販売が年明け早期に1000万台を突破することが明らかになりました。
1週間くらい前の記事なので情報の鮮度は若干古いですが。


msn 産経ニュース
「3DS」国内販売が年明け1千万台へ 「とびだせ どうぶつの森」は絶好調 任天堂・岩田社長
※情報源としては 2次ソースになるようです。あと、写真に写った岩田社長がカッコいい。


3DSの国内販売台数1000万台突破が確実になった上、
Wii Uも発売から約2週間で55万台を売り上げ、品薄の状態が続いているとのこと。
実際、私が買いに行ったとき(クリスマスの頃)も近所のトイザらスは、
ベーシックセット、プレミアムセットともに売り切れていましたし、
ヤマダ電機でもベーシックセットが売り切れていました。
(発売初期はプレミアムセットが圧倒的に売れていたとも聞いています)

お正月シーズンということで、お年玉を手にした子どもたちがゲームショップを訪れることは想像に難くありません。
目下の売れ行きはそれほど心配いらないでしょう。


しかし、一方でこんな記述もあります。


メディアクリエイト
今週のランキング」(2012年12月17日~12月23日)

総販売本数は272.2万本。前週比164.81%。今年は集計期間に24・25日を含んでいないこともあり、クリスマス商戦として単純には比較できないが、前年同時期比(12/19~12/25)では79.66%と、前年を下回った。一方、3DSは『とびだせ どうぶつの森』や『ペーパーマリオ スーパーシール』など、既存タイトルにおいて前週より大幅に販売本数が伸び、同機種の発売以来、週最多となる127.1万本を販売。この3DS販売分が貢献し、ソフト市場は5週連続で前週を上回り続けている。

(中略)

ハードの総販売台数は68.5万台、前週比124.57%。前年同時期との比較では81.28%と、ソフト市場同様に前年を下回っている。全ての機種が前年比マイナスとなっているが、フォーマット別で前年比を見ると、PS:54.03%(11.5万台減少)・任天堂:93.22%(4.0万台減少)と、特にPSフォーマットの減少分が大きく影響したことがわかる。これは発売直後であったVita(前年比29.34%)の勢いが前年から減退していることに加えて、PS3(同62.71%)やPSP(同65.13%)も大幅に減少したことによる。


※次回の売上ランキング更新時にはページ記述が変わりますので、ソースの確認はお早めに

クリスマスが集計期間に入っていないデータなので鵜呑みにすることはできませんが、
3DSソフトは既存タイトルの好調で数字を伸ばし、一方ハードは前年割れという模様。


3DS、Wii Uがあれだけ売れても前年割れしているのが悲しいところです。
(しかしそれ以上にPSハードの減少がすさまじいです。VitaよりもPSPのほうがいまだに売れている時点でお察し)


また、好調と言われているソフト市場においても懸念事項があります。
明らかに前年と比べてソフトが少ないのです。
3DSは顕著ですし、Wii Uも発売して間もないのにやたらソフトが少ないです。

任天堂の公式発売カレンダーを見てみますと、
12月は3DS専用DLソフトも含め、多くのラインナップがカレンダーを埋めていましたが、
1月2月は空欄が多く、さびしい状況になっています。
(これも時期に更新されるので確認はお早めに)


3DSの場合、昨年は1月~3月だけで25本(同梱版等は含まない)ものソフトが発売されましたが、
今年は今のところ8本しか明らかになっていません。
今後はもう少し増えるかもしれませんが、数十本立てつづけにリリースされるとは考えづらいでしょう。

一方、Wii Uの場合も、Wiiと比較するとさびしい状況になっています。
Wiiはローンチ翌年の2007年1月~3月だけで17本ソフトが発売されましたが、
Wii Uは3本しかありません。
(真・北斗無双、TANK! TANK! TANK!、ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッドの3本。TANK!はアーケードからの移植。残り2本はマルチ。つまり、Wii U独占タイトルは1本もなし


このような状況でハード戦争を勝ち抜いていけるのか非常に不安です。
任天堂は多額の現金資産を持っているので、
仮にWii Uがコケたとしても潰れることはまずないと確信していますが、
Wii Uがダメだとすると日本で据置きはやっていけないと判断されるでしょう。
もっと多くのサードメーカーの参入が望まれるところです。


1月2月はクリスマスと決算期の谷間の時期であるため、元々発売するソフトは多くないと思うのですが、
それでもやはりこれだけ真っ白な状態だと不安になります。

今後のダイレクトで我々の不安を払しょくするようなお知らせが来ることを祈るばかりです。



にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

こひきち

Author:こひきち
ゲームについて思うことを語ったりゲーム音楽について取り上げています。
任天堂成分多め。
岩田社長のファン。


姉妹サイト「会社員失格」もどうぞよろしくお願いします。

twitter_32.pngトゥイッターもやっています。

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

トゥイッター

リンク

邪魔にならない程度の広告

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。