トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

出てきたゲーム全部欲しい! 任天堂E3 2014 Nintendo Digital Event まとめ


年に一度開催されるゲームの大見本「E3」がアメリカで開催されています。基本的には業界の商談イベントなので一般人が入場することはできませんが、各社ともにユーザー向けのプレゼン動画も配信しています。

任天堂もご多分に漏れず、現在開発中のタイトルを多数盛り込んだプレゼン動画を発表しました。

赤字やら岩田社長の健康問題やらで何かと向かい風の強い任天堂ですが、今回の発表は、視聴者に楽しみと期待を持たせてくれるすばらしいものに仕上がっていました。まだご覧になっていない方はぜひ見てみてください。


レジー社長の寸劇から開始


reji.png

動画は米国任天堂社長兼COOのレジーさんが登場し、挨拶を述べました。

ん?実写ではなくて人形劇っぽい作りですね?
はは〜ん、また任天堂お得意の茶番だな?


press.png

記者席(?)からは痛烈な皮肉も飛んできます。
ってこれ事前収録の動画だろ!自虐ネタやめちくり〜!
ちなみに今回は新しいマリオのゲームはないそうです。




backmario.png

舞台裏で憤慨するマリオ。任天堂のスターのくせにずいぶん俗っぽい性格ですねw




backlink.png

帰ろうとするマリオを尻目にシレッと主役の座を奪おうとするリンク。
嫌だこの子腹黒・・・?


大乱闘プレジデントブラザーズ


smashiwata.png
smashreji.png

開幕の茶番が終了すると今度は岩田社長とレジー社長が真剣な眼差しで向かい合っています。一体何が起こるんでしょうか・・・。




smashprejidents.png

た、戦いだしたァーーー!!
ゴリラ相手に奮戦する岩田社長。岩田社長は自身の健康問題でE3現地には来られないそうですが、背景にはこの壮絶な戦いがあったと見て間違いなさそうですね・・・。この勝負の行方は一体どう転がるのか・・・!




smashbros.png

ってスマブラ発表の前フリかよ!!
ハイ、ここまでが茶番でした。動画開始から2分半も経ってないのにネタが濃すぎですいいぞもっとやれ!


Miiファイター参戦


miifighter.png

スマブラ最新作ではとうとうMiiが参戦キャラクターとして決定しました。
格闘・剣術・射撃の3タイプに分かれていて、それぞれ必殺技も違います。
これらのファイトスタイルってプレイヤーが任意に変えられるのかな?

Miiが参戦ということでこんな人まで参戦することになりました。

arino.png

・・・もちろんMiiの顔を有野課長に似せているだけであって、有野課長がリアルファイトするわけではありませんあしからず。

個人的には任天堂のゲームが作ってきた世界観にMiiをまぎれこませるのはどうなのかなと思うんですが、一種のお祭りゲーですし、これはこれで楽しいのかな。

そもそも参戦キャラクターからしてロックマンやWii Fitトレーナーなどの意外すぎるキャラクターもいますし、いまさらMiiが殴りこんできたとしてもまったく問題無いですね。

むしろ実在の人物や歴史上の人物のMiiなどを作って戦わせたりしたらまた別の面白さがありそうです。
戦国大名のMiiを作って「大乱闘戦国大名ブラザーズ」にしてみるとか。


スマブラ3DSは9月13日発売


smashbroslogo.png
smashbrosdata.png

3DS版スマッシュブラザーズの発売日が本年9月13日に決まりました。ゲーム内容の詳細は公式ページおよび4月のスマブラダイレクトに譲りますが、インターネット対戦はもちろん、3DS版独自の要素もたくさんあるそうなので期待しましょう。

それにしてももうあと3ヶ月で発売なんですね。
圧倒的物量を誇るゲームなだけに、こんなに早く発売するのが不思議です。
現在はデバッグに追われているようですが、問題なく発売されるといいですね。


フィギュアを使った連動要素「amiibo」


amiibo1.png
amiibo2.png

Wii UゲームパッドにはNFC(近接距離通信)という機能がついており、将来的にはSuicaなどの電子マネーを使った支払いに対応する予定です。

このNFCを使ってフィギュアをWii Uに読み込ませ、ゲームに反映させる連動要素をつけるそうですよ。

amiibo対応ソフトの第一弾がスマブラfor Wii Uであり、プレイヤーと一緒に戦ったり、amiibo同士を戦わせたりすることができるそうです。

また、フィギュア自体にゲームの情報を送ることもできるらしく、プレイスタイル次第でフィギュアのデータが変化することもあるとか。

amiiboもWii U版スマブラと同じ時期に発売するようですね。
うーん、こりゃ集めるのが大変そうです。


女神パルテナ参戦!


paltena.png

「新・光神話 パルテナの鏡」で主人公のピットを導いた女神「パルテナ」がスマブラに参戦することになりました。

動画ではなんとピットとリンクの勝負をシャフト*1製作のアニメが流れ、ピットが劣勢になったところでパルテナが勝負に割って入るという動きを見せてくれました(なおその後ピットはふっとばされた模様)

ちなみに参戦理由は「ちょっとおもしろそうだったから」。女神ェ・・・。まあ、新・パルテナでも女神とは思えないコミカルな会話劇を繰り広げてくれたので、それをスマブラでもまた見せてくれたら嬉しいです。

*1 シャフト:アニメ制作会社。「化物語」シリーズ、「魔法少女まどか☆マギカ」などが有名。今では停止してしまったサービス「ニンテンドービデオ」用に新・パルテナの短編アニメを制作した実績がある。


毛糸のヨッシー(米国名称:Yoshi's Woolly World)


keitoyoshi.png

かねてから発表されていた「毛糸のヨッシー(正式タイトルではありません)」の新しい情報が公開されました。なぜこのような見た目になったかが語られています。

毛糸という題材を扱ったゲームは「毛糸のカービィ」がありますが、あちらはまず毛糸を使ったオリジナルゲームが根幹にあって、開発が難航したところでカービィにキャラを変えたという背景がありました。

それに対し、ヨッシーの方はまず「ヨッシーのゲーム」が基になっていて、それを一番よく表現するものが毛糸(編みぐるみ)だったそうです。

ゲームシステムはまだ明らかになっていませんが、動画を見た感じではヨッシーアイランドをベースにしているように感じられます。

ヨッシーアイランドはわたしが子どものころに熱中していたゲームですので、このゲームの発売も楽しみにしています。個人的にはこのソフトが今回のプレゼンの中で一番楽しみですね。


キノピオ隊長のソロデビュー


taicho2.png
taicho1.png

キノピオ隊長はスーパーマリオギャラクシー(Wii・2007年)から登場しているキャラクターです。スーパーマリオ3Dワールド(Wii U・2013年)では、立体パズルのようなステージで操作できるキャラクターになり、スター集めに一役買ってくれました。

そのキノピオ隊長が、単体でデビューすることになったのです。ゲーム名は「Captain Toad: Treasure Tracker」。日本語タイトルはまだ明らかになっていませんが、「キノピオ隊長のお宝探検」といったところでしょうか。

3Dワールドの隊長ステージのころからできがよく、これ1本でもゲーム成立するんじゃないかなと思ってましたが本当に来るとは!

内容的にパッケージソフトではなくDLゲーになりそうですが、Wii Uを支えるラインナップの一角として地位を築いてくれればなと思います。


シームレスになったゼルダ


zeldawiiu.png

昨年、「ゼルダのアタリマエ」を見直すことをテーマとしてプロデューサーの青沼英二さんが語っていましたが、今回のゼルダはポイントポイントで区切られたフィールドではなく、シームレスで1つにつながった世界を舞台にするようです。

前々から実現したかったことらしく、熱を込めて語る青沼さんでしたが、1つ気になるところとして、世界のつなぎ目がなくなることで謎解きがどのように変化するかという点があります。

新作ゼルダは2015年発売だそうですからゲームシステムについてはまだ発表されませんでしたが、今までのゼルダとどう変化していくのか注目してみていきたいと思います。


ポケモンルビサファリメイク 11月21日発売


pokemonrs.png

2002年にGBAで発売されたポケットモンスタールビー・サファイアのリメイク「オメガルビー」「アルファサファイア」が11月21日に発売されることになりました。

ポケモンX・Yから実装された3Dのフィールド、バトル画面も継承しているほか、本作ではメガシンカの秘密についても迫るようです。

わたしはルビサファ以降ポケモンから離れてしまったクチなので、今作からまた復帰しましょうかね。今のポケモン環境についていけるかはわかりませんが。

11月21日発売というあたり、任天堂も大きな期待をかけているようですね。11月21日はマリオワールドやスーパードンキーコング2など、任天堂の中でも屈指の人気ソフトが発売されているので、この日は大物ソフトの発売日というイメージが有ります。


ベヨネッタ2,1を同梱して9月20日発売


beyo2data.png

ずいぶん前から開発中であることが伝えられてきたベヨネッタ2ですが、9月20日に発売が決定しました。

前作ベヨネッタ1も同梱されています。前々からユーザー間では「前作知らないからちょっとな・・・」という声が聞こえていたところでこの神対応ですよ!
これであーだこーだ言ってた人も買うしかありませんね!

ベヨネッタ2では任天堂キャラの衣装がコラボレーションされるようです。
だけどさぁ・・・、



beyo2.png

これはキッツいやろ無理すんなBBA!!
あ、アクション部分は爽快なはずだから・・・(震え声)


ゼルダ無双にゼルダ・ミドナが参戦


zeldamusou2.png
zeldamusou1.png

意外な組み合わせで話題が吹き出たゼルダ無双ですが、操作可能キャラクターとして現在判明しているリンク・インパの他にゼルダとミドナが加わることになりました。
まさかタイトル通りゼルダが無双することになるなんて・・・!

ミドナはともかく、ゼルダが白兵戦を行うのはものすごく違和感があるのですが、まあ本編じゃないし、大地の汽笛ではリンクと一緒に冒険してたからまったくありえない設定ではないですかね。

本動画終了後に配信された出展映像では宿敵ガノンドロフの登場も確認されました。プレイアブルキャラになるのか、それとも敵側の登場人物になるかはわかりませんが、今後の動向に注目です。

ちなみに64ゼルダで多くのプレイヤーにトラウマを植えつけた大妖精のグラフィックも強化されていました(絶望)。

ゼルダ無双は8月14日発売予定です。


タッチ!カービィの続編?


touchkirby.png

タッチペンを使ってゲーム画面に足場を作り、カービィを先に進めていくゲームが発表されました。現在は米国名の「Kirby and the Rainbow Curse」という名前しかわかっておらず、日本語のタイトルがどうなるか気になるところです。

ゲームシステムについてはタッチ!カービィのようだという声がよく聞かれました。私は該当作品をプレイしてないのでよくわかりませんが、ゲームパッドとタッチペンだけで手軽に遊べるゲームだそうです。

グラフィックは粘土風。毛糸になったり粘土になったりカービィのいじりやすさといったらもう!たぶんそのうちカービィのねんどろいどでも出るんじゃないですか?製作楽そうだし(適当)。


近未来SF?ゼノブレイドクロス


zenox2.png
xenox1.png

前作ゼノブレイドがWiiの数少ないRPGとして傑作とされてから早4年。続編の情報も少しずつ流されてきましたが、今回ついにタイトルが決定しました。その名も「ゼノブレイドクロス」。

詳しいゲーム情報はまだ明らかにされませんが、キャラのセリフから「地球」という単語が何度か出ているあたり、SFっぽい雰囲気を感じます。


人間にクリアできるコースであってほしい! マリオメーカー


mariomaker.png
mario.png

スーパーマリオブラザーズのブロックや敵キャラなどを配置して自由なコースを作れるソフト「マリオメーカー」の情報が公開されました。

以前からネットでは「改造マリオ」といって、並の腕ではまずクリア不可能なコースが制作されたハックロムがあったりします。

もちろん法律的にはグレーな部分がありましたが、本作の登場によって公式にコースエディットが認定された形になりますね。グラフィックはFC仕様とNEWマリオ仕様があるようです。

明らかに不可能なコースがアップされたらどうするんだろうと懸念しましたが、DSiウェアの「マリオVSドンキーコング」では製作者がクリアできなければアップロードできないしくみがあったそうですので、本作にも似たような仕組みで無理コースの制限を試みるのではないかと予想されています。

お願いですからTASさん専用コースはやめてね?(切実)


インクを撃ってイカに変身 Splatoon


splatoon1.png
splatoon2.png

Splatoon(スプラトゥーン)は完全新作の対戦アクションゲームです。

プレイヤーは4VS4のチームに別れ、インクを撃って地面を塗ったり、相手を倒したりして、最終的にインクを塗った「ナワバリ」の広いほうが勝ちになります。一種の陣取りゲームですね。

このゲームで特徴的なのは、イカに変身してインクの塗られた箇所を縦横無尽に動き回れる点にあります。なぜイカなのかは説明がないのでイカんともわかりません。

ゲームパッドに示されたマップに映る仲間のもとに飛んでいくにもイカになる必要があるので、人間状態とイカ状態の使い分けが重要となります。


宮本さんが直接ディレクション! スターフォックス新作が製作中!


starfox.png

動画の最後に宮本さんがしゃべるシーンがありましたが、宮本さんの後ろに位置するモニターに映っていた物体が話題になりました。

「これはアーウィンなのではないか?」 ツイッターの任天堂クラスタが目を白黒させる中飛び込んできたのは以下のニュース。

ファミ通.com
「宮本茂氏が手掛けるWii U GamePadの特徴を活かした開発中のタイトルがお披露目! その中には新作『Star Fox(仮題)』も!!【E3 2014 】」



なんと宮本さんが直接ディレクションする形でスターフォックスの新作を製作中であることが判明!ほかにも新規タイトルを2つ手がけているようで、色々と試行錯誤していることが感じられます。

スターフォックスは1年以内に販売したい(日本でどうなるかはわかりませんが)ということなので、続編を待ち望んでいたファンは心待ちにしているでしょう!

まあ宮本さんのことだからちゃぶ台返しが発揮されるかもしれませんがw


そのほか明らかになったタイトル


本動画で取り上げられたタイトルのほかに、以下のラインナップが放送終了後に明かされました。

・マリオパーティ10
・マリオVSドンキーコング
・デビルズサード
・アートアカデミー

なんでマリパ10は動画中で取り上げられなかったんでしょうかね?
定番すぎるからかなぁ・・・。


まとめ:Wii U所持者感激! でも大半は2015年発売


あらためてE3の発表を振り返ってみて、久しぶりにワクワクしましたね。スマブラが本命ではありますけど、ヨッシーにゼルダ、その他のタイトルもどれもおもしろそうで全部買いたいと思いました。

ツイッターの動きを見ても今回はかなり評判が良かったようです。
買っててよかったWii U!

サードタイトルが相変わらずなかったのが残念ですが、ファーストタイトルだけでもこれだけ揃えてきてるんだから少なくともWii Uを買った人が後悔をすることはないと思います。

ただ、発売時期を見てると目ぼしいソフトは2015年て書いてあるのが大半なんですよね・・・。


・8月14日発売
ゼルダ無双

・9月13日発売
スマブラ3DS

・9月20日発売
ベヨネッタ2

・11月21日発売
ポケモンオメガルビー・アルファサファイア

・2014年冬発売
スマブラWii U
キノピオ隊長

・2014年発売
アートアカデミー

・2015年発売
ゼノブレクロス
スプラトゥーン
ヨッシー
マリパ10
マリオメーカー
カービィ
マリオVSドンキーコング

発売日未定
デビルズサード


2014年をマリカ8,スマブラ、ポケモンで乗り切って2015年に新しい有力ソフトを出していくって感じですかね。

数的にはもう少し欲しいですが、マリカとスマブラとポケモンだけで数百時間は遊べそうですからこれはこれでいいのか。

これらのソフトが発売されて少しでもWii Uの販売が軌道に乗ることを期待したいところですね。



↓欲しいソフトが見つかった人はポチッとな
にほ䖁ブ䖁グ村 ゲ䖁䖁ブ䖁グ ゲ䖁䖁の世界観へ   


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

こひきち

Author:こひきち
ゲームについて思うことを語ったりゲーム音楽について取り上げています。
任天堂成分多め。
岩田社長のファン。


姉妹サイト「会社員失格」もどうぞよろしくお願いします。

twitter_32.pngトゥイッターもやっています。

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

トゥイッター

リンク

邪魔にならない程度の広告

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。