トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ゲーム音楽 第41回:マリオカート64

明日5/29は「マリオカート8」がWii Uで発売されます。

マリオカートシリーズ最新作ということで、ファンからの期待はもちろんのこと、当の任天堂にとっても販売台数の厳しいWii Uの起爆剤として、さながらPSPにおけるモンハンシリーズのような救世主になることを期待されています。

もっとも、5月下旬というGWでもなく夏休みでもない中途半端な時期の発売ですから、爆発的に売れるというよりは、Wii Uの定番ソフトとして長い間ジワジワと売れていくのではないかと思います。

「マリオカートWii」も旧Wii晩年になってもちょこちょこ売れてましたしね。

マリオカート8では過去作品のコースのリメイクも多数登場するようです。公式ページでわかっているだけでも「SFCドーナツへいや3」「N64レインボーロード」「DSワリオスタジアム」など、過去作品をプレイした方には懐かしいコースも登場しています。

もちろんGCやWii、3DSのマリオカートコースもありますよ。


懐かしついでにBGMについても振り返ってみようと思います。



曲名:レインボーロード
作曲者:永田権太さん


マリオカートシリーズで忘れてはならないのがレインボーロード。
7色に輝く美しいコースと幻想的な雰囲気がワクワク感を高めてくれます。
でもワンワンだけはカンベンな!

レインボーロードといえばスタート直後に左に横切って大幅ショートカットを狙う作戦が流行りましたね。成功すればコースの半分近くを短縮できますが、失敗すればいきなりでっかいタイムロスというハイリスク・ハイリターンな作戦です。

それでも挑戦してしまうのがプレイヤーの性でしょうか。
あれを確実に決められる友人マジスゲーと思いました。






曲名:キノピオハイウェイ
作曲者:永田権太さん


キノピオハイウェイのBGM。激しすぎない程度のメタリックな雰囲気の曲ですね。

このコースでは車やトラックが障害物として走っているため、プレイヤーはそれを避けて運転しなくてはなりません。ぶつかったらその場でクラッシュするため、大幅なタイムロスを強いられます。

1回クラッシュしてようやく再発進しようと思ったらまた後ろから車が来て再度クラッシュ・・・、なんてこともあるため、人によってはトラウマBGMになってるかも。

さらに、おまけモード(ミラーコース)では車が奥から向かってくるため、ヘタすると正面衝突します。しかしそれでも一定時間吹き飛ばされるだけで何事もなく再発進する様子は、今から考えると相当シュールですね。







曲名:スタッフロール
作曲者:永田権太さん


スタッフロールのBGM。激しい勝負が終わり、安堵に包まれる曲です。
ピアノの優しい雰囲気がいい感じ。

スタッフロールの曲はあまり注目されないのが残念。これに限らず、DS、Wiiなど、マリオカートのエンディング曲はいいのが揃ってると思うんですけどね・・・。あまり聴く機会がないからしょうがないのかな・・・。



・概要


マリオカート64は1996年にN64で発売されたレースゲームです。開発・販売は任天堂。N64でも屈指の人気ゲームで、販売本数も約224万本とN64でもっとも売れたゲームです。

N64本体の売上台数が最終的に554万台たったことを考えるとその人気の高さがうかがい知れますね。今どきハード所有者の3人に1人が持ってるゲームってそうそうないでしょう。

ハードがSFCからN64になり、画面が3Dになったことで全体的な迫力が増したほか、今ではシリーズおなじみのテクニックであるミニターボがわかりやすくなった作品でもあります(一応初代マリカーにもミニターボはありました)。



・タイムアタックが熱い!


この作品、通常のGPモードやVSモードもさることながら、一番白熱したのはタイムアタックではなかったかと感じます。

なぜなら、当時は「64マリオスタジアム」という渡辺徹さん司会のゲームバラエティ番組でマリオカート64のタイムアタックを扱うコーナーがあったからです。

コースはマリオサーキット、キャラクターはキノピオという条件でタイムアタックに挑み、1分30秒を切った出場者には番組オリジナルの公認ライセンスを、ベストタイムを出した出場者にはオリジナルゴールドコントローラーと64の新作ソフトを進呈していました。

当時でもおそらく任天堂の公式HPはあったと思いますが、なにぶんまだインターネットが普及していなかった時代です。全国の猛者が腕を競い、実力を見せつけられる全国ネットの媒体として「64マリオスタジアム」が果たした功績は大きいでしょう。

特にマリオサーキットのショートカットを解説する回では目を輝かせながら視聴していたのを覚えています。自分も練習してみましたが、幼い子どもには難しかったのか、結局ショートカットを修得することはできませんでした。残念。


最後にショートカット集動画を置いておきます。




それじゃ、アディオス。



↓レインボロードをショートカットしてコースアウトした人はポチッとな
にほ䖁ブ䖁グ村 ゲ䖁䖁ブ䖁グ ゲ䖁䖁の世界観へ   


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

こひきち

Author:こひきち
ゲームについて思うことを語ったりゲーム音楽について取り上げています。
任天堂成分多め。
岩田社長のファン。


姉妹サイト「会社員失格」もどうぞよろしくお願いします。

twitter_32.pngトゥイッターもやっています。

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

トゥイッター

リンク

邪魔にならない程度の広告

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。