トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ネタからガチまですべてがハイセンス! 「わたしのファミカセ展 2014」に行ってきた!

DSC_0415

KAASANッテ センセイノコト ヨンジャッタ・・・、私も経験あります・・・。

 

子供時代をファミコンで過ごしたクリエイターたちがオリジナルのファミコンカセットラベルを作って展示するという企画「わたしのファミカセ展 2014」が5月31日まで開催されています。

 

公式ページでは出展されている作品の画像一覧を見られますが、一回はナマで見てみたかったので吉祥寺の「METEOR」という建物まで行ってきました!

 

 

DSC_0426

正面の建物が企画会場「METEOR」。
小ぢんまりした建物なので最初は気づかずにスルーしてしまいました。

 

 

 

DSC_0428

くだんの会場は建物の2階。小さい部屋の一室に入ると壁にかけられているファミコンカセットが目につきます。目についたものを順次見てみましょうか。

 

 

 

DSC_0423

作品名:お茶

 

うんうん、せっかく来てくれたお客さんへのおもてなしは大事だよねってファミカセでお茶ってなんか違くね!?

 

 

 

DSC_0418

作品名:DORAGON FANTASY

 

エニックスとスクウェアが合併したときはこんな作品ができるのかと思ってました。

 

 

 

DSC_0411

作品名:THE AFTERNOON☆MAN 消えた司会者

 

今やテレビでお馴染みのあの人似のキャラクターを巡る事件を解き明かすADVなんでしょうねきっと。ところでこの作品は表に出して大丈夫なんでしょうか(肖像権的な意味で)

 

「消えた司会者」って部分に「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者」のパロディを感じました。

 

 

 

DSC_0417

作品名:エキサイトハイク

 

どう考えてもエキサイトバイクのパロディですね。

松尾芭蕉のサイン入りなのがポイント高し。

 

 

 

DSC_0416

作品名:エキサイトダイク

 

大工は仕事をもエンターテイメントにこなす。

照りつける太陽、重い資材、うなる重機は現場の華。

っていうか本当にありそうなゲームですねこれ。

 

 

 

DSC_0412

作品名:THE 安産

 

お守り代わりに新婚の旦那さんは持ってみてはいかがでしょうか(非売品ですが)

 

 

 

DSC_0413

作品名:恋のうしみつドキ大作戦

 

お、ギャルゲか?とおもったらホラーゲーだこれー!?

なんかパッケージ詐欺のニオイがするぜッ!「ワルキューレの冒険」みたいにな!

 

ワルキューレの冒険wal2

←パッケージ →ゲーム画面

1986年の作品だからまあ、多少はね?

 

 

 

DSC_0410

作品名:Blue Monday しごとにいきたくありません

 

その気持ち、すっっごくよくわかります。よし、これから退職届出しに行こう!

ところでカセットが黒いのは何かの暗喩でしょうか?

 

 

 

さて、けっこうな数を紹介してきましたが、そろそろ個人的にもっとも素晴らしいできばえのラベルを紹介しましょう。

 

 

 

DSC_0409

作品名:満身創痍ング SNS

 

「ロマンシング・サガ」を模した題字の秀逸さと、SNSが発達した現代を強烈に風刺したタイトルのハイセンスぶりが群を抜いてますね!

 

ファミカセのくせに妙に今風な題材を取り扱っている点がおもしろいです。河津秋敏さん(サガシリーズプロデューサー)が見たらなんとコメントするでしょうか?

 

 

 

クリエイターたちの愛が感じられた展示会

ネタ、パロディ、ガチが入り乱れてさながらファミコンジャンプのようなカオスぶりを呈していた企画でしたが、そこにはクリエイターたちのファミコンに対する愛が感じられました。

 

発売から30年以上たったハードでありながら、いまだにこのような企画が開かれるほど人々の心に深く根ざしたハードは他にはないでしょう。

 

定期的にこういう企画が開かれると嬉しいですね。わたしはスーファミ世代なのでそっちのほうもぜひ。

 

 

なお、会場では以上に挙げたオリジナルラベルの展示のほか、Tシャツや本などのグッズの販売やファミコンの試遊台がありました(なぜかニューファミコンでしたが)。

 

また、任天堂の赤歴史とも幻のハードとも言われた「バーチャルボーイ」もありましたので、ゲーマーとして貴重な体験ができたと思います。

DSC_0419

伝説の名機バーチャルボーイ。コントローラーには十字キーが2つ付いている。

この台で遊べたのは「レッドアラーム」というシューティングゲーム。

 

わたしのファミカセ展2014は5月31日まで開かれているのでお近くにお住まいの方は見てきてはいかがでしょうか。無料で入れますのでお気軽に行けますよ。

 

 

それでは、アディオス!

 

 

↓懐かしい気持ちになった人はポチッとな

にほ䖁ブ䖁グ村 ゲ䖁䖁ブ䖁グ ゲ䖁䖁の世界観へ   


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

こひきち

Author:こひきち
ゲームについて思うことを語ったりゲーム音楽について取り上げています。
任天堂成分多め。
岩田社長のファン。


姉妹サイト「会社員失格」もどうぞよろしくお願いします。

twitter_32.pngトゥイッターもやっています。

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

トゥイッター

リンク

邪魔にならない程度の広告

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。