トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
67:承認待ちコメント by on 2014/10/23 at 00:54:16

このコメントは管理者の承認待ちです

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

星のカービィ トリプルデラックスの感想 自分がオッサンになったことを実感

 

星のカービィ トリプルデラックス 

先日買った「星のカービィ トリプルデラックス」のストーリーモードをクリアしたので感想を書きます。本当はトゥイッターで完結するつもりだったけど「ネタバレ」なんじゃないか?って指摘を受けましたので。

 

ゲームのについて語りたいけどネタバレは避けなきゃいけないってのは難しいなァ・・・。というわけでネタバレ注意。

 

 

10時間ほどでクリア

本作はストーリーモードとミニゲームの2つのモードがあります。メインはストーリーモード。ステージクリア型のアクションゲームです。

 

ストーリーモードをクリアするのにはだいたい10時間ほどかかりました。10時間というとパッケージ売り切りのソフトにしてはかなり少ないですね。しかもサンストーン*1をすべて集めた上でのクリアです。

*1 ステージ上に落ちているアイテムで、ボスに挑むために最低限は集める必要がある。Newマリオシリーズのスターコインのような感じ。

 

ただ、体感時間はもっとかかっていると感じました。1ステージが長めなので消費時間の割に充実した内容だったと思います。ミニゲームまでやりこんだらさすがにもっとかかりそうですけどね。

 

昔と変わらない操作感

実はカービィ本編は14年ぶりのプレイだったりします。(ウルトラスーパーデラックスは友人に借りてプレイしたけどあれはリメイクだし)

 

中高生のころは全然新作をプレイしてなくて、新作ゲームを再びプレイし始めたのが大学生なので、昔のころと操作感覚が違うというソフトはけっこうあります。

 

特にマリオなんかは顕著です。マリオワールドまではダッシュすると「バビューン!」って感じだったのに、最新作のマリオ3Dワールドは最高速でも「トタタタタ」って感じでややモッサリ感がありますし。

 

それに比べるとカービィは昔とほとんど変わらず、すんなり手になじみました。ダッシュのスピードも、方向キーを切り返すときの反応時間も、ホバリングの浮遊感もみーんな昔と変わらない。

 

私のようなオールドゲーマー(23歳)には嬉しい仕様でした。

 

 

奥と手前、奥行きを使ったギミック重視のステージ

公式サイトでも本作のウリとして言われているのが画面の奥と手前、2つの領域を行き来するステージ構成です。(ただし本分はあくまで2D横スクロールアクション)

 

単純に画面の奥と手前を進んでいくだけの面もあれば、「奥から流れてくる宝箱を取るために画面手前のほうの足場を急いで渡っていかなければならない」ステージだとか、「奥の鏡に映っているステージ構成のほうが本物で、手前のオブジェクトは偽物、実は穴が開いてる」見せ方をしているステージもあります。

 

3Dが特徴のハードでありながら2Dアクションならではのステージ構成が見事だったと思います。

 

 

敵の攻撃が激しい!

画面が奥と手前に分かれていると言いましたが、敵の攻撃も画面奥(もしくは手前)からやってくることがあります。そのせいで気を抜いてたら攻撃を食らってたということが何度かありました。

 

攻撃が激しいのは特にボス戦で顕著でした。昔のシリーズと比べて攻撃パターンが多彩になっており、なおかつ奥手前を利用した攻撃もあるのでパターンが把握しづらくなっています。

 

昔よりも単純なゴリ押しがききづらく、攻撃するときはする、回避するときは回避に徹するといったメリハリのある戦い方のほうが安定した攻略ができました。

 

昔はコピーをプラズマにして十字キーガチャガチャやって最大火力を叩きこんでるだけでラク~に倒せたことを思うとずいぶん難しくなりましたねぇ。個人的にはボス戦の歯ごたえが出るのはいいことだと思いますけどね。

 

まさか1面のボスに体力を半分以上削られるなんてつゆ思わず。

 

 

サンストーン集めは楽っちゃ楽だが・・・

ステージのどこかに散らばってるサンストーンですが、割と集めやすかったんであまりストレスはたまらないと思います。

 

だいたいステージをくまなく探索してれば見つかるはずですし、必要なコピー能力はそのステージで調達できるし、失敗した時のための自殺穴までご丁寧に用意されています。

 

それでもダメならステージを出ればいいですしね。ほぼノーリスクだし。

 

ただ、1ステージが長め(10分くらいかかるステージもある)なので取りこぼしたときに再挑戦するのが少しダルかったです。

 

まあマリオみたいにわかりづらい場所に置いてあるものはほとんどないんですけどね。

 

 

コピー能力 スパデラ方式のコマンド入力はちとオッサンにはつらい

本作のコピー能力は全部で25種類。そのうち新コピーは4種類。スーパーデラックスと同じ方式で十字キーを押しながら能力を発動することで様々な技をくりだせます。例えば「ファイター」だと↑+Bで昇竜拳とか(正式名称は違うけどね)

 

ただ、コマンド入力方式だと技が豊富すぎて逆に面倒くささを感じました。この技出そうと思ったらコマンド入力間違えてて別の技使っちゃったとかあったし。コピー能力に関してはほぼスパデラのときの感覚でやってて新しいのはあまり覚えられませんでした。

 

新しいコピー能力もクセが強かったように思います(特にサーカス)。スナイパーは割と使いやすかったですけどね。やっぱり遠距離攻撃は強い!

 

新しいものを受け入れにくくなってるあたり、わたしもオッサンになってきてしまったんですかねぇ・・・。

 

 

一発でカービィとわかるBGMにはさすがの一言!

今回のカービィは一発で聴きほれるというほどの曲はなかったんですが、気がつくとBGMにあわせてリズムをとっている自分がいたり、過去作のアレンジがふんだんに使われていて、携帯機なのに曲がすごく豪華だったと感じます。

 

ダテに「デラックス」の名前はつけてませんね。

 

今回の作曲陣も石川淳さんと安藤浩和さん。初代から20年以上カービィサウンドに携わっているだけあって、誰が聴いてもイッパツでカービィとわかる音使いはさすがです!

 

ラスボス第二形態のBGMが特にお気に入り。シリアスながらも軽快さと切なげなメロディが印象。背景のあらぶるピアノ音と透き通るような雰囲気が素敵。

 

 

5連戦はやりすぎじゃないの?

ラストステージは前座の洗脳されたデデデ大王を含め5連戦という長丁場になります。こりゃーさすがに長すぎじゃないですかね。

 

ラスボスはぽっと出な感じはしたけど相応の強さはあったし、BGMも素晴らしかったのであまりしんどくはなかったですが、初心者プレイヤーにとっては心折設計(誤字にあらず)なような。

 

 

ビッグバン吸い込みは是か非か

本作のウリの一つであるビッグバン吸い込みはあんまり印象に残らなかったです。

 

確かにギミックを動かす上で色々と役に立ちますし、大きい敵もどんどこ吸い込めるのはインパクトがありますが、基本的に吸う、飲む、吐くしかないのでアクションとしてはイマイチ弱いような気がします。

 

また、ステージ進行上必ず取らなくてはいけないので自分のお気に入りのコピーがしばらく使えなくなるのも難点。

 

おそらく製作陣の意図とわたしの求めるゲーム性が違ってたんでしょうね。

 

スタッフはギミック重視のゲームとしてビッグバン吸い込みをゲームシステムの一つとして組み込んだんでしょうけど、わたしはもっとアクションにあふれたカービィがやりたかったって感じ。

 

ラスボス戦の決着で使われたのは印象深かったのでそこは良かったと思います。

 

 

総合的には佳作以上良作未満

あれこれ飲み屋のオヤジのように語ってきましたけど、総合的な評価としては佳作以上良作未満といったところ。

 

ただしこれ、自分でもかなり辛めの評価だと思っています。

おそらく大多数の人は良作って思うはずですもん。

 

最近の私は純粋なアクションゲームを素直に楽しめなくなっています。

ゲーム内に「考える」要素が欲しいんですね。

 

私は過去記事で神々のトライフォース2を絶賛してましたけど、神トラ2はサクサク進めるけどきちんと「謎解き」という考える要素があって、それが「遊んだー!」って充実感につながったのだと考えています。

 

それに比べると本作は特に考えなくてもプレイできます。

基本的に右に行けばクリアできるし、パターンを見極めればボスにも勝てます(それでもキツイボスはいますけど)。

 

道なりのステージを進み、ジャンプで乗り越え、敵を倒し、コピーを駆使してクリアする。これらは瞬間的な動き、瞬間的な反応を求められることが多いです。でもこれがアクションゲームの醍醐味なんですよね。

 

でもわたしにはそれが合わなくなってしまった・・・。なんかうまく操作できない、なんか感覚が昔と違う、以前よりもがむしゃらなプレイが出来ない・・・。

 

さながら晩年を迎えたスポーツ選手のように、以前は当然のようにこなせていたことができなくなっているように感じられるのです。

 

 

ですので、佳作以上良作未満という微妙な評価はカービィが悪いのではありません。

わたしがオッサンになったのが悪いんです。

 

実際、ステージの作りはしっかりしてるし、ギミックも豊富、キーホルダー等の収集など過去作をやっている人ほどうれしい要素、豊富なミニゲームなど、スタッフの遊び手を満足させようって姿勢はひしひしと伝わってくるんです。

 

アクションゲームやりたいっていう人がいたら普通にオススメできます。初心者でも上級者でも。

 

でも、自分がアクションゲームに向いていないと感じるようになってしまって、素直に褒められなくなってしまったことに気づいたのが残念でした。年は取りたくないものです←23歳

 

 

以下ゲーム中に撮ったスクリーンショット

2014-01-25_2138

マリオ64のウツボを思い出した。

ちなみにこれ、飲み込まれてます。

一発でミスにならないあたりはスタッフのやさしさか。

 

 

2014-01-25_2139

ルイージマンション2かな?(すっとぼけ)

 

 

2014-01-25_2140

昔はやっきになって倒してたっけな。

カービィの黒幕はかわいらしさと禍々しさが同居してて、デザイン的にハイレベルなことやってると思う。

 

 

2014-01-25_2141

アカン、これ詰んでるやつや・・・。

 

 

2014-01-25_2142

マスクド・デデデ・・・、いったい何者なんだ・・・!

 

 

2014-01-25_2141_001

カービィ20余年の移り変わり。

昔からのファンなら泣いて喜ぶような背景だなぁ。

 

左から初代、夢の泉、スパデラ、カービィ3、カービィ64、鏡の大迷宮(?)かな。

見切れてるけど、これにウルデラ、カービィWii、そしてトリデラと続いてます。

 

なお、このステージのゴール扉右上の月は別の部屋につながっています。

初代か夢の泉で似たような場面があったのでもしかしたらと思いましたが、本当に入れるとは。これ昔のシリーズやってた人じゃないと分からんだろw

 

 

それじゃ、アディオス。

 

 

カービィは悪くない!って思ったらポチッとな。

にほ䖁ブ䖁グ村 ゲ䖁䖁ブ䖁グ ゲ䖁䖁の世界観へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
67:承認待ちコメント by on 2014/10/23 at 00:54:16

このコメントは管理者の承認待ちです

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

こひきち

Author:こひきち
ゲームについて思うことを語ったりゲーム音楽について取り上げています。
任天堂成分多め。
岩田社長のファン。


姉妹サイト「会社員失格」もどうぞよろしくお願いします。

twitter_32.pngトゥイッターもやっています。

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

トゥイッター

リンク

邪魔にならない程度の広告

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。