トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ポケモンバンクから「見せびらかす」楽しさの可能性を見た






先日4日にポケモンダイレクトが行われました。
10月12日に発売されるポケモンX・Yの情報が公開され、
視聴者・トゥイッターともに大盛り上がりでした。

その中で私が注目したのは「ポケモンバンク」です。
ポケモンX・Yで育てたポケモンを、インターネット上の預かりボックスに預けられるというDLソフトで、
最大3000匹預けられるそうです。

このポケモンバンクで私が感心したのは、「ポケモンをクラウド化」したということです。
(クラウド化という表現はダイレクト中でも使われています)

クラウドとは、簡単に言えば、ユーザーが手元のデバイスで管理していたデータを、
インターネット上に保存・管理するサービスのことです。

今回の例で言えば、ユーザーがソフト内部で管理していたポケモンを、インターネット上のポケモン専用の貸し倉庫に移せるようになったということです。

SkyDriveDropboxのポケモンバージョンを任天堂が用意してくれる、と言えば分かりやすいでしょうか。



 ・「見せびらかす」遊びの可能性

クラウドの特徴の1つに、データを他者と共有しやすいという点が挙げられます。
IDとパスワードを幾人かで共有することによって、
それらの人が自由にデータを管理したり編集したりできます。

例えば、「Googleカレンダー」というサービスがあります。
ウェブページ上に日付と時間帯が表示しており、スケジュールを書き込むことができます。

このサービスを使うと、クラブやサークルのメンバーにGoogleカレンダーのIDを教えておき、
スケジュールの把握に役に立ててもらうということが可能になります。

このように、他者がデータに関与しやすいという特徴を利用して、
ゲームに「見せびらかす」遊びが広がるのではないかと感じました。


例えば、とび森の展示室をもっと手軽に他のユーザーに公開できるようになるのではないか思います。
とび森専用の倉庫ソフトを配信し、そこに展示室のデータを移すことにより、
フレンドに手軽に展示室の様子を公開できるのではないでしょうか。
とび森だったら、単に家具を保存するためのスペースでも需要があると思いますし。

お互いの村を行き来するのときに見せてもらえばいいじゃんと思うかもしれませんが、
とび森を持ってないユーザーもいますしね。スクリーンショットをウェブに上げるという手段もありますが、
地味に面倒くさいときもあります。


また、上記のシステムを応用すれば、1人用のRPGを多数の人に見てもらえる可能性もあります。

RPGで新しい武具を手に入れたら、大抵は古いものを売り払ってしまうか捨ててしまいますよね?
幾分お金にはなるかもしれませんが、形には残らなくなってしまうので少々さびしい気がします。

そこで、ネット上に保存スペースを作り、武器を展示しておけるようにし、
他の人に見てもらえるようにするのはどうでしょうか。

実は、「倉庫に武器を展示する」というシステムはすでに前例があります。
「不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!」(N64・2000年)では、
倉庫番にいらない武器防具を差し出して展示することができます。
すべて揃ったときの画面はなかなか壮観です↓

shiren2.png
きれいに揃えられた武器の数々の並びが美しい

ただし、このソフトが発売されたN64時代はまだネットワーク機能がなく、
武具の展示もやり込み要素の一つ・・・、言ってしまえば自己満足の世界でした。

しかし、インターネットによってより多くの人に見てもらえるようになるとすると、
プレイヤーのモチベーションも上がるのではないかと思いますし、ただ展示するのではなく、
色合いや装飾品などを変えられるとすると、1つのゲームで多くの楽しみ方ができるのではないでしょうか。


もう一つ考えられるとすれば、「仲間の様子を観察できる」システムなんてどうでしょ。
例えば、ドラクエで仲間にしたモンスターって、一度も使わないモンスターとかいたりしませんか?
そういうモンスターでも、インターネット上の牧場に送って、
そこで生活している様子をみんなで眺められたら面白いんじゃないでしょうか。

また、信頼できる人にモンスターの世話を頼んだりすることも可能になるかもしれません。
15年くらい前にたまごっちが流行りましたけど、
忙しいとき、他の人に世話を頼んでた人もいるんじゃないでしょうか。あれと同じことです。



ゲームの中にクラウドの要素を入れることによって、
今まで一人で楽しんでいたシステムでも、他の人が混ざれる余地が出てくるのではないかという考えを、
ポケバンクのシステムから感じました。

セキュリティの問題や開発の手間、そもそも収益に貢献するのかといった問題はありますが、
一ゲーマーとしては、プレイヤーの楽しみの幅を広げるためのテクノロジーの活用には積極的に取り組んでもらいたいなと思います。



 よろしければポチっとな
にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ    


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

こひきち

Author:こひきち
ゲームについて思うことを語ったりゲーム音楽について取り上げています。
任天堂成分多め。
岩田社長のファン。


姉妹サイト「会社員失格」もどうぞよろしくお願いします。

twitter_32.pngトゥイッターもやっています。

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

トゥイッター

リンク

邪魔にならない程度の広告

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。