トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

マジコン訴訟決着 ゲームメーカーの完全勝訴

ゲーム機のプロテクトを不正に破り、コピーソフトをするための装置「マジコン」をめぐる訴訟について、
決着がつきました。ゲームメーカー側の完全勝訴です。

 任天堂
「ニンテンドーDS用装置(マジコン)に対する差止等請求訴訟に関する東京地裁判決について」

任天堂株式会社(本社:京都市南区、取締役社長:岩田聡)は、ゲーム・プログラムを開発・販売しているソフトメーカー49社と共に、ニンテンドーDSで起動するマジコンと呼ばれる装置を輸入販売していた業者らに対して、不正競争防止法に基づく同行為の差止等を求める訴訟を、東京地方裁判所に提訴しておりました(平成21年(ワ)第40515号、平成22年(ワ)第12105号、同第17265号)。

 上記に関しまして、本日、東京地裁より、当社およびソフトメーカー各社の主張を全面的に認め、マジコンの輸入販売行為の差止めと、当社の被った損害として総額9562万5千円の損害賠償金の支払いを命じる判決が下されました。

上記URLから引用しました。太字強調は私によるものです。


マジコンの違法性は以前から認められていました。
今回はマジコンの「輸入販売業者」の賠償責任が、裁判所によって明確に認められたわけです。

つまり、「マジコンが真っ当なゲームビジネスに対して損害を与えている」という事実に裁判所がお墨付きを与えたわけですね。というわけで、「マジコンでのプレイヤーもユーザーだろ!いい加減にしろ!」なんていう頭のわいた言い訳をしている連中は、さっさとどっかいってくださいね。


判決が出るのが正直遅過ぎな気がしますが、
今回の判決は、ゲームメーカー側の正当で真っ当な主張が認められたという点で画期的です。
これでゲーム業界の健全な競争と発展に少しは近づいたかなという気がします。

この調子で、無垢なユーザーにガチャという名のギャンブルを行わせている某D社とか、
某G社とかもさっさと訴えられないですかねー。マスコミは黙殺しそうですけど。
こういうときのために多額の宣伝広告費を払っているんですものね。え?違うの?


健全なプレイヤーである皆さんは、きちんとお金を払ってゲームを遊びましょうね。
マジコンユーザーは泥棒と一緒。犯罪者ですから。



よろしければポチっとな
にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

こひきち

Author:こひきち
ゲームについて思うことを語ったりゲーム音楽について取り上げています。
任天堂成分多め。
岩田社長のファン。


姉妹サイト「会社員失格」もどうぞよろしくお願いします。

twitter_32.pngトゥイッターもやっています。

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

トゥイッター

リンク

邪魔にならない程度の広告

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。