トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

会社員のあなたにオススメの3つのゲームジャンル


先日、「健やかなゲーム生活のために残業規制を導入しよう」という記事を書きました。
ですが残念ながら現在我が国の与党たる自民党は、
参議院選挙候補にワタミの会長「渡辺美樹」氏を擁立するありさまです。

ワタミのブラックぶりや、渡辺氏の香ばしい発言の数々はネット上ではつとに有名だと思いますので、
ことさら細かく取り上げることはしません。

しかし、政権与党がこんな社畜根性を押しつける人物を候補として表舞台に上げるあたり、
日本の労働環境の改善は望むべくもないのだなということがひしひしと感じられますね。

もっとも、今の選挙の票田は40代以上のオッサンオバサンとジジババが中心です。
「若者は文句言わず黙って働け」と言う渡辺氏の言説はそういった中年層・老年層にはウケがよろしいので、自民党の戦略はある意味理にかなっているんです。

ネット上でいくらギャー垂れたところで、若い人間が選挙行かなきゃ何も変わりませんからね。
中学の頃、国語の先生が「権利は使わなきゃ意味がない」って言ってましたけど、まさにその通りだと思います。


さて、日本の労働環境が改善される見通しは恐らく当分先であることが確認できたところで、
働いている人間がどのようにゲームと付き合っていったらよいのか考えます。
ここではあなたが独身サラリーマンであることを前提とします。

仕事帰りのサラリーマンがどのような状態かというと、以下のような状態です。

1. 疲れて頭が働かない(集中力の低下)
2. 使える時間が少ない(せいぜい数時間程度)

したがって、この状態を鑑みると、サラリーマンに向いているゲームは、
短時間でできて、なおかつダラダラプレイできるゲームということになります。
この条件を満たすゲームジャンルがどれなのか考えてみます。


 1. RPG
ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

「レベル上げ・装備新調→探索→次の地域へ」という攻略の方程式が確立されているので、
RPGは時間がなく、集中力が続かない人にオススメです。

平日はレベル上げや新しい装備を整え、時間のある休日にダンジョンを攻略してストーリーを進めるといった遊び方ができると思います。特に昔のドラクエなんかは上記の方程式が顕著ですし、リメイク作品が多いシリーズですので遊びやすいと思います。

もともとRPGはアクションが苦手な人でも、時間と情報さえあればクリアできるゲームです。
普段あまりゲームをやらない人でもちょこちょこ遊ぶに適していると思います。


RPGというくくりで言うならば、シミュレーションRPGも個人的にはオススメです。
ファイアーエムブレムなどが代表ですね。


ただしゲームシステムはややとっつきづらいので、サラリーマンがプレイするにあたっては、
過去作品をプレイしたことのある人でないと大変かもしれません。

また、「ファイア~エ~ムブレム♪ 手~ごわいシミュレ~ション♪ や~りはじ~めたら ね~むれない♪」(ファイアーエムブレムのテーマより)とあるように、一度プレイし始めると止めどきを失う危険性もあります。

ですので、自制心に自信のある方だけ手を出した方がいいと思います。
1日1章という制限をかけるとか。
また、中断セーブができる作品を選んだほうがいいと思います。

そういう意味では、タクティクスオウガやFFタクティクスは難しいかもしれません。
戦闘中中断ができないし、シナリオ上連戦が必要な場面もありますので。

スパロボやサモンナイト、魔界戦記ディスガイアなどはプレイしたことがないので分かりません。
その辺はプレイ経験のある人に尋ねてみてください。


手軽さだけで言うなら、スマートフォン向けのカードバトルRPGもありですかね。
ただ、基本的にスマホをポチポチするだけなので、コンシューマー畑の人間としては面白さ的に物足りないかもしれません。キャラ萌えできる人向けだと思います。



 2. パズルゲーム

テトリスDS

手軽にできるゲームジャンルの代表ですね。アクションやRPGは苦手でもパズルならけっこう得意という人はいるんじゃないでしょうか。昔の友人のお母さんがそんな人でして、普段あまりゲームやらないけど、ドクターマリオならいきなりLv20からでも余裕という人でした。

パズルゲームは近年パッケージソフトでの採算が取れなくなってきているせいか、DL専用ソフトやスマートフォンアプリに主戦場を移しています。つまり、お安くプレイできるというわけで、娯楽は欲しいが金はないという人にも優しいジャンルになっています。


個人的にオススメしたいのが「ピクロス」シリーズですね。
一般的には「お絵かきロジック」の方が通りがいいかもしれません。


縦と横に書いてある数字から塗るマス目を推定し、塗りつぶしていくと絵が完成するというパズルゲームです。一見すると難しそうなのですが、ルールを把握してしまえば、むしろ頭を使うことなくルールに沿ってスイスイと解いていけるゲームです。

一部かなり難しいものもありますけど、全部解かなきゃいけないってわけではありませんし。


ピクロスはGBに端を発し、現在でも3DSのDL専用ソフトとして配信されています。
初めての人は3DSの「ピクロスe」(500円)がいいと思います。ナビゲーション機能が付いていて、塗るマスを特定しやすくなっています。現在「ピクロスe3」まで出ているので気にいった人は続編もどうぞ。

経験者の方はGBの「ピクロス2」(400円)をオススメします。
マリオのピクロスとワリオのピクロスがそれぞれ9ステージずつあり、
問題量はシリーズ随一ではないかと。

量だけで言ったらSFCのスーパーピクロスの方が多いと思いますが、
今の時代に据置きでパズルゲームをやるのは少し面倒かなぁ。



 3. コミュニケーションゲーム

とびだせ どうぶつの森

ステージクリアを目的としているのではなく、ゲーム内のキャラクターとのやりとりを楽しむゲームジャンルですね。とび森の他には「トモダチコレクション」や「nintendogs」が挙げられます。

敵が出るわけでもなく、プレイヤーを悩ます仕掛けがあるわけでもないので、ゆっくりのんびりダラダラプレイしたい人にはうってつけだと思います。パズルゲームと違って「ただテキトーに動かすだけでもいい」のもポイント。

特に、とび森は「何をしてもいいし、何もしなくてもいい」という極めて懐の広いソフトです。計画的に村づくり*1をし、立派な村を作り上げている人がいる一方、私のようにしずえさんを拝むためだけにときどき起動するだけの人もいます。

*1 それこそ当たり前のように区画整理などを行っているプレイヤーも多数。

特別何かしなければならないという目的がないため、平日は花に水やりや雑草抜きをし、休日は村づくりに精を出すといったプレイが可能です。自分の都合に合わせてプレイスタイルを変えられるというのは大きな利点だと思います。



 まとめ

以上、仕事帰りのサラリーマンという条件のもと、オススメのゲームジャンルを書いてまいりました。

一番大事なことはゲームと実生活のバランスを取ることです。
上記に挙げていないジャンルのゲームでも、好きなソフトがあって、
プレイ時間をきちんとコントロールできるのであればそれが一番よいでしょう。

今回の記事があなたのゲーム生活を見直すための一つの材料となれば幸いです。



 関連記事
・健やかなゲーム生活のために残業規制を導入しよう



よろしければポチっとな
にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ   クロックス オンラインショップ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

こひきち

Author:こひきち
ゲームについて思うことを語ったりゲーム音楽について取り上げています。
任天堂成分多め。
岩田社長のファン。


姉妹サイト「会社員失格」もどうぞよろしくお願いします。

twitter_32.pngトゥイッターもやっています。

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

トゥイッター

リンク

邪魔にならない程度の広告

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。